しんきん投信「トピックス」

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
2020/11/16

米国のウイルス対策を世界が注視 世界は希望を欲しています。よって先日の米大統領選の結果を、世界は歓迎してよいでしょう。バイデン次期米政権は、多くの国が苦しむ健康危機の対策に、現政権 … [ 記事全文 ]

2020/11/10

圧倒的な大差ではなかったが トランプ氏は敗れ、来年1月、バイデン新大統領が誕生します。米国で行われた今回の選挙に関し、強調すべきは、この基本的なことです。トランプ氏は再選に失敗し、 … [ 記事全文 ]

2020/11/02

皆が見守る世紀の決戦 選挙などが評される際、「近年で最も重要な」といった形容が、たびたび用いられます。多くの場合、それは誇張ですが、今回の米大統領選挙に限っては、そのように表現して … [ 記事全文 ]

2020/10/26

2期連続のプラス成長 いま、良い知らせが二つあります。第一に、米欧の経済・政治をめぐる先行き不安にもかかわらず、金融市場はさほど混乱していないことです。第二に(一つめにも関連します … [ 記事全文 ]

2020/10/19

欧州と米国の感染状況によってユーロドルが変動 コロナウイルスに対し油断すると、その途端に新たな感染の波が襲いかかります。そして、感染動向は、景気や金融市場に影響を及ぼします。この点 … [ 記事全文 ]

2020/10/12

僅差か大差か、にも注目 11月3日の米大統領選・議会選まで、あと3週間あまりとなりました。結果は、最後までわかりません。それでも、相当な確度で、バイデン氏・民主党が優勢、トランプ氏 … [ 記事全文 ]

2020/10/05

コロナウイルスにより米中で明暗 米国と中国の経済は、デカップリング(断絶)が進むのでしょうか。貿易や技術をめぐる米中対立(に関する日本の報道)や、表面的な主義の相違をみていると、断 … [ 記事全文 ]

2020/09/28

予想を超える惨劇 北半球の暑い夏が終わりました。秋そして冬を迎える今後、新型コロナウイルスの感染は爆発的に広がるのでしょうか。その可能性を否定できない以上、一旦緩んだ警戒を、引き締 … [ 記事全文 ]

2020/09/23

英国の迷走も深刻 迷走の著しい国としては、米国が思い浮かぶでしょう。コロナウイルス対応が成功には遠い上、党派対立で政治機能がほとんど麻痺しているからです。しかし、英国の迷走も、忘れ … [ 記事全文 ]

2020/09/14

これまでの株高は行き過ぎ いま、米国の株式市場で最も注意すべきことは何でしょうか。それは、コロナウイルスの感染拡大に伴い急落した3月下旬以降、あまりにも急速に、かつ大きく株価が上昇 … [ 記事全文 ]

2020/09/07

無念の辞任 安倍首相の辞任表明は、さぞかし無念なことでしょう。期待に包まれて登場し、8年近くも続いた現政権ですが、後手に回ったコロナウイルス対応などで、支持率が落ちているときだから … [ 記事全文 ]

2020/08/31

米国の各党が全国大会を開催 多くのハリウッド映画では、「善と悪」がはっきり区別されます。米国の政治も、そのような二元論が鮮明になる一方です。問題は、二大政党の双方が、自らが善で相手 … [ 記事全文 ]

2020/08/25

4-6月期のデータがほぼ出そろい、第1波の影響が明らかに コロナウイルスとの戦いは、まだ始まったばかりです。それでも世界経済は、今年5月頃までの第1波を何とか耐えました。4-6月期 … [ 記事全文 ]

2020/08/17

コロナウイルスによって米国の政局も激変 コロナウイルスで多くのことが変わりました。その一つが米大統領選の様相です。トランプ氏(共和党)有利とみられた今年11月3日の選挙ですが、ウイ … [ 記事全文 ]

2020/08/11

失業給付が焦点 米国を悩ませるのは、鋭い党派対立です(民主党vs共和党など)。それでも、今年3月には、超大型の経済対策が迅速に成立しました。中でも重要なのは、失業給付の拡充です(週 … [ 記事全文 ]

2020/08/03

なぜ「安全資産」なのか? 世界が不透明感に覆われる今、ひときわ輝きを放つ資産があります。金(ゴールド)です。7月下旬には、米国での先物価格が過去最高を更新しました(図表1)。その輝 … [ 記事全文 ]

2020/07/27

極めて前向きな妥協 政治には、妥協の技術という面があります。EU(欧州連合)27か国の首脳が7月21日に合意したEU復興基金も、妥協の産物にほかなりません。しかし、これは高く評価さ … [ 記事全文 ]

2020/07/20

感染中心地の変転 今年2月頃まで、コロナウイルスは中国など主にアジアの問題と思われました。しかしその後、感染の中心地は欧州へ移行しました。これも変化し、6月以降の中心地は、米国と多 … [ 記事全文 ]

2020/07/13

突然の投資推奨で株高加速 中国株は、大きなバブルの発生・崩壊を二度経験しました(2008年と2015年に崩壊、図表1)。そして今、バブルがまた始まったのかもしれません。これは、三度 … [ 記事全文 ]

2020/07/06

記録的な株高 今年前半の株式市場は、記憶にないほどの激しい相場でした。後半も、退屈な相場にはならないでしょう。コロナウイルスの猛威や、米中の緊張が続いているほか、米大統領選などを控 … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 12
会社名:しんきんアセットマネジメント投信株式会社
(Shinkin Asset Management Co.,Ltd.)
執筆者:辻 佳人
しんきんアセットマネジメント投信株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
•日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。シティバンク銀行勤務を経て、スタンダードチャータード銀行のシニアインベストメントストラテジストとして経済・為替市場の調査・分析等に従事。2013年しんきんアセットマネジメント投信入社、現在に至る。
主な著書
•『通貨投資戦略』(共著)東洋経済新報社
•『世界経済のゆくえと資産運用戦略』(共著)東洋経済新報社