武者ストラテジー

株式会社武者リサーチ
武者ストラテジー   株式会社武者リサーチ
「論理一貫」「独立不羈」「歴史的国際的視野」をモットーに、経済と金融市場分析と中長期予想を目的とし提供していきます。
2022/05/23

【ストラテジーブレティン(306号)】 度を越えた市場心理の悪化 世界株式はコロナシック後最大の下落に見舞われた。S&P500指数は年初来20%の下落となり悲観一色となって … [ 記事全文 ]

2022/05/09

【ストラテジーブレティン(305号)】 恩典的円安の時代、購買力平価から相当程度(3割以上)安い為替レートが定着し、日本の価格競争力に為替面からの恩典が与えられる時代が始まった。懲 … [ 記事全文 ]

2022/05/02

【ストラテジーブレティン(304号)】 円が1ドル131円までの急落となり、武者リサーチが過去10年にわたって主張し続けてき た長期円安の時代の到来が明らかになった。円安の底流には … [ 記事全文 ]

2022/04/18

【ストラテジーブレティン(303号)】 プーチンの勝利は無くなった ウクライナ戦争勃発以降、連日報道される悲劇の連続に気が重くなる。が、だからと言って世界の将来を悲観するべきではな … [ 記事全文 ]

2022/04/04

【ストラテジーブレティン(302号)】 要点 I.3月の3週間でドル円レートは10円の急落となった。円安要因が山積しているのは既知の 話、だがこの突然の急落は市場参加者の意表を突い … [ 記事全文 ]

2022/03/16

【ストラテジーブレティン(301号)】 見込み違いのプーチン氏、勝利の可能性は無くなった 軍事、地政学の専門家ではないが、一定の論点整理を試みたい。電光石火の攻撃により緒戦で勝利し … [ 記事全文 ]

2022/03/04

【ストラテジーブレティン(300号)】 プーチン氏の緒戦でのつまずき ロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切って1週間が経ち、両代表団によってベラルーシで停戦協議が行われている … [ 記事全文 ]

2022/02/22

【ストラテジーブレティン(299号)】 (1)日本に染み付いた消極的経済心理 「潮が引いた時、誰が裸で泳いでいたかがわかる」、はカリスマ投資家W・バフェットの言葉であるが、コロナパ … [ 記事全文 ]

2022/02/07

【ストラテジーブレティン(298号)】 デジタル革命がもたらしてきた格差拡大 デジタル革命が進行し、デジタルデバイドと称される格差が拡大してきた。高い技能を持つ労働者は生産性を高め … [ 記事全文 ]

2022/01/04

【ストラテジーブレティン(297号)】 あけましておめでとうございます。 清々しい新春をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。 日頃武者リサーチのレポートをお読みいただき、あり … [ 記事全文 ]

2021/12/10

【ストラテジーブレティン(296号)】 2022年、経済と市場は引き続き明るい年になるだろう。コロナパンデミックからの正常化が進展し、イノベーションが加速するのに加えて、マイルドな … [ 記事全文 ]

2021/12/03

【ストラテジーブレティン(295号)】 トランプ氏の価値観に基づく中国共産党 対抗姿勢堅持 バイデン政権が発足してから11カ月が過ぎ、対中政策でトランプ政権時とは違った面も目 立つ … [ 記事全文 ]

2021/11/17

【ストラテジーブレティン(294号)】 「新しい資本主義」の時代 岸田首相が「新しい資本主義の構築」を政権のスローガンに掲げて以来、「新しい資本主義」が経済論議の流行となっている。 … [ 記事全文 ]

2021/11/01

【ストラテジーブレティン(293号)】 (1)サプライサイドの混乱の大半は一過性、フレンドリーな金融政策続く 伏兵、供給チェーン寸断 コロナパンデミック勃発直後、需要不足による大不 … [ 記事全文 ]

2021/10/19

【ストラテジーブレティン(292号)】 (1) ドル高時代へ、米国の役割変化、ドル流動性供給者から需要創造者へ 世界の機関車、 中国から米国へ 米国のテーパリングがいよいよ視野に入 … [ 記事全文 ]

2021/10/11

【ストラテジーブレティン(291号)】 株式乱高下、「岸田ショック」とシビアな見方も 9月以降の日本株式の乱高下、急騰とその後の暴落はいかに株式市場が政策に敏感であるかを示すものと … [ 記事全文 ]

2021/09/27

【ストラテジーブレティン(290号)】 (1) 恒大経営危機の顛末と帰趨 恒大集団経営危機、事実上の破たんへ 中国の不動産最大手企業、恒大集団が経営危機に陥っている。6月末の時点で … [ 記事全文 ]

2021/09/17

【ストラテジーブレティン(289号)】 自民党総裁選が始まった。派閥の縛りを超え、個人の自主性尊重、政策論争によるリーダー選出となっている。これはいいことであり、その民主的手続きは … [ 記事全文 ]

2021/09/06

【ストラテジーブレティン(288号)】 派閥力学無効に 菅首相の自民総裁選不出馬により、政局は急速に流動化した。安倍前首相と麻生財務相は最大派閥(細田派97人)、第二派閥の麻生派( … [ 記事全文 ]

2021/08/30

【ストラテジーブレティン(287号)】 超長期金利低下トレンド終焉と米国株式の潜在的リスク 武者リサーチは、前号に見たJ・マッキントッシュ氏の懸念(インフレ懸念に基づく悪い金利の上 … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 14
会社名:株式会社武者リサーチ
(Musha Research Co.,Ltd.)
執筆者:武者 陵司
株式会社武者リサーチ
【ご挨拶/プロフィール】
武者陵司の情勢分析・予測を求める方々のより近いところに立つために、「株式会社 武者リサーチ」を設立いたしました。武者リサーチは、「論理一貫」「独立不羈」「歴史的国際的視野」をモットーに、経済と金融市場分析と中長期予想を目的とし、調査レポートなど情報サービスの提供を続けて参ります。何故的中したのか、何故外れたのかと言う過去の総括と理論化を出発点とし、継続的にレポートを提供致します。経営者や投資家の皆様には、情勢判断や戦略策定のたたき台として、ご利用頂ければ幸いに存じます。