日本ベル投資研究所

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
2020/06/01

・3月にKPMG(あずさ監査法人)から「日本企業の統合報告に関する調査2019」がレポートされた。今回で6回目のサーベイである。いつもながら充実している。有価証券報告書の記述情報の … [ 記事全文 ]

2020/05/25

・日本は、「攻めガバナンス」を推進している。しかし、成果という点ではまだ途上にあり、その実効性が問われている。形式は整えようとしているが、実質が十分でないという見方である。 ・では … [ 記事全文 ]

2020/05/18

・日本取締役協会は、「独立社外取締役の行動ガイドラインレポート」を発行した。協会の独立取締役委員会(委員長 みさき投資 中神社長)がまとめたものである。このガイドラインには、明確な … [ 記事全文 ]

2020/05/12

・3月に、FinCity Global ForumがWEBライブで催された。テーマの1つに「ESG投資を通じた資産運用の高度化」があった。これをいかに捉えるか。 ・2019年の国際 … [ 記事全文 ]

2020/05/07

・株式投資を対象にしてみよう。投資家にとっての最終的な付加価値とは、投資のパフォーマンスと思える。インデックス型のETFに投資して、そこから上がってきたプラスのリターンは確かに付加 … [ 記事全文 ]

2020/04/27

・東証では毎年、企業価値向上企業を表彰している。その狙いは、ベストプラクティス(最も良い事例)を示すことで、あるべき経営を全上場企業、投資家に知ってもらうことである。 ・資本コスト … [ 記事全文 ]

2020/04/20

・かつて大学院で行動科学を専攻した。今でいう行動経済学、行動ファイナンスである。当時、期待効用理論に基づく “平均値は高く、バラツキ(分散)は低い方がよい” という原理で、ヒトは必 … [ 記事全文 ]

2020/04/13

・新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)を引き起こした。特定の感染者の集団(クラスター)を個別に抑え込めればよかったが、最初は誰も深刻に考えなかった。 ・特定の感染者との … [ 記事全文 ]

2020/04/07

・NRIの機関誌「知的資産創造」の2月号に“CX戦略起点のサービス革新”が特集されていた。CX(カスタマーエクスペリエンス)とは、体験して感じる感覚的な価値のこと。この考え方を投資 … [ 記事全文 ]

2020/04/02

・PCデポ(コード7618)の野島社長は「ステークホルダーの皆様」へという自らの考え方をまとめた4ページの書簡を、2018年5月に公表した。これは画期的であった。 ・第1に、事業が … [ 記事全文 ]

2020/03/23

・監査法人の依頼で、社外監査役の方々に話す機会があった。筆者自身も2社の独立社外監査役に就いている。投資家、アナリストの立場かたらみた時、エンゲージメントについてどのような姿勢で臨 … [ 記事全文 ]

2020/03/16

・『「独立取締役が増えると、いいガバナンスになる」というのは迷信にすぎないと思われる。』これは、藤田勉氏(一橋大学特任教授)が日経ヴェリタス(2020年1月26日)に書いた「独立取 … [ 記事全文 ]

2020/03/09

・日立製作所は、この5年でノンコア(非中核)事業の売却を進めている。物流(日立物流)、金融サービス(日立キャピタル)、電動工具(日立工機)、半導体製造設置(日立国際電気)、自動車関 … [ 記事全文 ]

2020/03/02

・日本取締役協会は、1年前の2019年2月にコーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤーⓇ2018の表彰企業として、ヤマハ(Grand Prize)、TDK(Winner)、明治ホー … [ 記事全文 ]

2020/02/25

・1月に、新春野村投資セミナーに参加した。その資料を改めて読んで、参考になりそうな点をいくつか取り上げたい。テーマは、「デジタル変革への次なる一手」であった。 ・マーケット環境を見 … [ 記事全文 ]

2020/02/17

・筆者が社外監査役を務めている会社が12月に東証マザーズに上場した。新規ということで、東証から「ハンドブック独立役員の実務」(東証編著)を頂いた。また、昨年7月に「改定コーポレート … [ 記事全文 ]

2020/02/10

・12月にCFOフォーラム・ジャパンが催された。テーマは、「デジタル時代に求められる未来志向の企業経営」であった。パネルディスカッションでの議論から、今後の企業経営に何が必要かを考 … [ 記事全文 ]

2020/02/03

・2年前にCFA協会研究財団から「投資運用の未来」が出版された。著者のロナルド・カーン氏(ブラックロックのシステム エクイティ リサーチのグローバルヘッド)は、この分野の第一人者で … [ 記事全文 ]

2020/01/27

・ESG投資で、投資家のパフォーマンスが上がるのか。この問いに対して、いくつかの見方がある。1つ目は、世界的にESG投資が注目され拡大しているが、そのパフォーマンスをみるとインデッ … [ 記事全文 ]

2020/01/20

・2019年のWICIジャパンの統合報告優良企業表彰では、大賞に日本精工、優良企業にアサヒグループホールディングス、コニカミノルタ、中外製薬、丸井グループ、そして奨励賞に日立製作所 … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 19
会社名:株式会社日本ベル投資研究所
執筆者:鈴木 行生
株式会社日本ベル投資研究所
【ご挨拶/プロフィール】
日本ベル投資研究所(略称ベルトーケン)は、「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。好きなことは会社調査、得意なことはアナリストレポートの作成、貢献したいことは会社の儲かる仕組み(ビジネスモデル)の解明、です。これをモットーに毎日会社回りをしています。足で稼いだ情報を一工夫して、お届けします。株式投資の極意は、会社を見抜く目を養うことです。誰でも達人になれます。私も皆様を応援してまいります。また、本業のアナリストレポートも、御一読いただければ幸いです。