アムンディ マーケット・レポート
rss

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
2019/07/19

政策金利は0.25%引き下げの6.5%でした。国内景気の低迷と米利下げの可能性上昇を受けました。 インフレ率が中銀の目標近辺で安定し、先行きが下方修正方向にあることも利下げを後押し … [ 記事全文 ]

2019/07/19

政策金利は0.25%引き下げの5.75%でした。米利下げの確度が高まり、早々の利下げとなりました。 インフレ安定、対外収支改善など、金融緩和できる環境が整っており、安定成長の持続を … [ 記事全文 ]

2019/07/19

情勢は依然流動的 英国では、10月末に迫るEU離脱の期限を控え、まもなく与党・保守党の新しい党首が決定します。現時点ではボリス・ジョンソン前外相が優勢と見られています。同氏は強行離 … [ 記事全文 ]

2019/07/16

実質GDPは前年同期比+6.2%、天安門事件後の景気減速期以来の低水準で、景気減速が続きます。 4-6月期は消費、固定資産投資、輸出と全般的に減速しましたが、足元は回復の兆しも見ら … [ 記事全文 ]

2019/07/12

極まる「イールドハンティング」 米国で利下げが近付いたのに加え、ドラギECB総裁の、インフレ目標達成のために追加金融緩和を厭わない旨の発言もあり、金利低下が加速しています。こうした … [ 記事全文 ]

2019/07/08

6月NFPは前月比+22.4万人でした。趨勢的に増勢鈍化も、月+15~20万人を維持しています。 賃金の伸びは前年同月比+3.1%台と前月比横ばいの一方、総賃金は同+3.8%と小幅 … [ 記事全文 ]

2019/07/05

EU首脳双璧に初の女性 6月30日から7月2日、EU臨時首脳会議が開かれ、EU首脳人事案が発表されました。注目されていた欧州委員長には現ドイツ国防相のフォン・デア・ライエン氏、EC … [ 記事全文 ]

2019/07/04

米国企業の景況感は弱い傾向が続いています。新規受注が弱く、先行きを楽観しにくい状況です。 製造業の景況感後退が、徐々に非製造業の景況感を押し下げ、全般的に業況拡大が鈍化しています。 … [ 記事全文 ]

2019/07/03

政策金利が1.0%へ引き下げられました。2会合連続です。景気を刺激してインフレ率上昇を目指します。 良好な雇用環境に対して住宅市場の不振が深刻化し、個人消費鈍化への対策という側面が … [ 記事全文 ]

2019/07/02

6月HICPは総合が前年同月比+1.2%、コアが同+1.1%。景気減速の影響もあり低位が続きます。 8月失業率は7.5%と、金融危機後の最低を更新しました。イタリア、スペインの低下 … [ 記事全文 ]

2019/07/01

業況判断DIは製造業低下の一方、非製造業は小幅上昇でした。中小企業に慎重さが目立ちました。 企業業績に慎重な見方がやや強まる一方、設備投資は人手不足等を背景に底堅い動きが続きます。 … [ 記事全文 ]

2019/06/28

政策金利は8.25%で据え置きでした。景気の先行き不透明感を警戒するスタンスに変わりました。 米国の利下げを条件に、夏場から秋口にかけてメキシコも利下げに転じる可能性が出てきました … [ 記事全文 ]

2019/06/28

一足先に日本入り 6月28-29日、大阪でG20サミットが開催されます。それに先立つ26日、マクロン仏大統領が訪日し、天皇・皇后両陛下が大統領夫妻と会見され、宮中午餐でもてなされま … [ 記事全文 ]

2019/06/25

ユーロ圏の6月景況感指標は引き続きバラついているほか、指標の動きにちぐはぐさも見られました。 企業対象と市場関係者対象とで、指標の動きが少し前と逆です。政治要因の影響が大きいと考え … [ 記事全文 ]

2019/06/21

ルピア預金準備率を0.5%引き下げました。流動性増で内需を刺激します。政策金利は据え置きでした。 利下げが期待されていますが、対外収支の改善が目標未達で、実施するなら秋口以降と見込 … [ 記事全文 ]

2019/06/21

保守党党首選の状況 メイ首相が6月7日に保守党党首を辞任し、党首選挙が実施されています。6月13~20日で5回議員投票が行われ、ボリス・ジョンソン前外相とジェレミー・ハント外相の2 … [ 記事全文 ]

2019/06/20

政策金利は6.5%で据え置きでしたが、インフレ率想定が下方修正され利下げの可能性が出てきました。 ボルソナロ政権が進める構造改革は今のところ着実に進捗しており、これも利下げ期待を高 … [ 記事全文 ]

2019/06/20

政策金利は据え置きでした。景気を底堅く見る一方、物価見通しについては下方修正が目立ちました。 先行きに対する不確実性の増大が警戒されており、年内に利下げに踏み切る可能性が出てきまし … [ 記事全文 ]

2019/06/14

政権交代の公算大 ギリシャというと、4年前に反緊縮財政を掲げるSYRIZA(急進左派連合)が政権を奪取し、Grexit(ギリシャのEU離脱)という造語が生まれるなど、大きな風を巻き … [ 記事全文 ]

2019/06/13

政策金利は24%で据え置きでした。インフレ率は緩やかな低下も、当面様子見が続くと見込まれます。 景気は1-3月期に底打ちしたものの、当分は高金利の需要抑制効果で回復には時間が要しそ … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 42
会社名:アムンディ・ジャパン株式会社
(Amundi Japan Ltd.)
執筆者:市場経済調査部
アムンディ・ジャパン株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
アムンディ・ジャパンは、欧州最大級の資産運用会社アムンディ・グループの一員です。日本でも40年以上にわたり幅広い商品をお客様のニーズに合わせて提供しております。