アムンディ マーケット・レポート
rss

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
2019/05/21

実質GDP成長率は前期比年率+2.1%でした。在庫投資と輸入減少が押し上げており、弱い内容です。 財政支出増、企業活動の下げ止まり、消費税増税前の駆け込み等で、底割れリスクは小さい … [ 記事全文 ]

2019/05/17

政策金利は8.25%で据え置きでした。景気先行きを警戒しつつも、インフレ安定を重視する姿勢です。 中銀は、通貨価値やインフレに影響を与える政治課題の進展を、政策の判断材料として重視 … [ 記事全文 ]

2019/05/17

欧州議会とは? 5月23~26日に欧州議会議員選挙が実施されます。5年毎に実施され、現在議員数は751、国別の議席数は人口を基に配分されます。選挙制度は比例代表制が原則です。議会で … [ 記事全文 ]

2019/05/13

実質GDP成長率は前期比年率+2.0%でした。輸入増による外需のマイナスを内需がカバーしました。 EU離脱は期限内に実施の公算大で、初期は混乱するものの、比較的早期に正常化すると見 … [ 記事全文 ]

2019/05/10

欧州以外は増加目立つ 5月8日、EU統計局が発表したエネルギー消費に伴うCO2排出量推計によると、2018年はEU全体で前年比-2.5%でした。CO2排出量は景気の良し悪しに影響さ … [ 記事全文 ]

2019/05/09

政策金利は6.5%で据え置きでした。安定したインフレ率の下で、景気重視のスタンスが続きます。 中銀は、安定したインフレ環境が維持され、中長期的には利上げを想定するも緩やかと想定して … [ 記事全文 ]

2019/05/08

政策金利は1.5%に据え置かれました。住宅価格下落、低い賃金の伸びから個人消費が不透明です。 雇用環境は依然良好ですが、インフレ目標到達に十分といえず、RBAは今後の動向に注目して … [ 記事全文 ]

2019/05/08

実質GDP成長率は前年同期比+5.07%、内需が小幅減速した一方、貿易収支改善が下支えしました。 中銀は通貨下落とインフレ再燃を警戒する姿勢で、インフレ率は今後も目標圏内での推移を … [ 記事全文 ]

2019/05/08

金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.75%に据え置きました。安定したインフレの下で様子見です。 四半期インフレレポート(QIR)では、インフレ率が下方修正され、利上げの時期は後 … [ 記事全文 ]

2019/05/08

4月HICPは総合が前年同月比+1.7%、コアが同+1.2%と大きく加速も、特殊要因の可能性ありです。 3月失業率は7.7%と、金融危機後の最低水準を更新しました。独仏以外の国の低 … [ 記事全文 ]

2019/05/07

4月NFPは前月比+26.3万人と堅調でした。賃金が底堅い一方、就業者減から総賃金は鈍化しました。 景気先行的な雇用指標は今回は好調でした。趨勢はまだ横ばい圏で、増勢を取り戻すかが … [ 記事全文 ]

2019/05/07

米企業の景況感は弱い状況です。水準としては拡大が続いていますが、そのペースは鈍化しています。 業況拡大を示す業種は依然多いものの、輸出関連、個人消費関連には停滞する動きも見られます … [ 記事全文 ]

2019/05/07

政策金利は据え置きでした。前回会合で利上げ休止を表明し、景気動向もそれに沿った動きです。 今後の金融政策は、年内は利上げ見送り、10月以降の連銀総資産削減の停止で変わりません。 金 … [ 記事全文 ]

2019/05/07

スペイン総選挙は中道左派の社会労働党が勝利し、ほかの左派政党との連携を模索する流れです。 右派政党の台頭が注目されていますが、議席は多くなく、政治リスクを高めることはないと見られま … [ 記事全文 ]

2019/05/07

実質GDPは前年同期比+1.2%と低調でした。世界貿易が減速した影響で企業生産が低迷しました。 中銀がインフレ警戒の姿勢を維持し、インフレが安定する一方で景気を下押ししている面もあ … [ 記事全文 ]

2019/05/07

実質GDP成長率は前期比年率+1.5%と潜在成長率並みに回復し、持ち直しが鮮明化しました。 個人消費が持ち直し、外需も底打ちしてきた一方、在庫削減圧力から生産は抑制されると見込まれ … [ 記事全文 ]

2019/05/07

実質GDPは前期比年率+3.2%でした。全体は加速したものの、国内最終需要の減速が目立ちました。 減速傾向は年末年始が底であったと見られ、個人消費、設備投資等には底打ちの兆候が見ら … [ 記事全文 ]

2019/04/26

政策金利は24%で据え置きでした。インフレ率は緩やかな低下も、当面様子見が続くと見込まれます。 トルコ経済は、高金利による需要抑制が奏功し始めていますが、政治リスクの拡大が懸念材料 … [ 記事全文 ]

2019/04/26

景気と連動する財政収支 4月24日、EU統計局が発表した政府財政統計によると、18年10-12月期のユーロ圏の財政収支対名目GDP比は-1.0%(赤字)でした。2期連続の低下です。 … [ 記事全文 ]

2019/04/26

長短金利操作付き量的・質的金融緩和は2年半を超えて継続。さらに、最短でも1年続ける方針です。 日銀は低成長・低インフレの長期化を予想しており、実際は、現行政策もさらに長期化すると思 … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 40
会社名:アムンディ・ジャパン株式会社
(Amundi Japan Ltd.)
執筆者:市場経済調査部
アムンディ・ジャパン株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
アムンディ・ジャパンは、欧州最大級の資産運用会社アムンディ・グループの一員です。日本でも40年以上にわたり幅広い商品をお客様のニーズに合わせて提供しております。