投資の科学 (ニッセイ基礎研究所)
rss

株式会社ニッセイ基礎研究所
投資の科学 (ニッセイ基礎研究所)   株式会社ニッセイ基礎研究所
株式投資においては、市場を正しく理解し、市場と冷静に向き合うことが重要です。 それには科学的かつ客観的な分析が欠かせません。 投資家の立場から「実りある資産運用」に役立つ情報を提供します。
2017/04/11

■はじめに 日経平均株価は3月下旬に2万円回復を伺う場面もあったものの、市場の期待と裏腹に下げに転じた。米政治への懸念や地政学リスクが意識される中、2万円回復はいつか。2017年度 … [ 記事全文 ]

2017/03/23

■はじめに 2017年3月17日、東京証券取引所は上場企業に向けて、リキャップCB発行に関して注意喚起を促す文書を公表した(『資本政策に関する株主・投資家との対話のために~リキャッ … [ 記事全文 ]

2016/11/07

<要約> 日銀のETF大量購入が株価を歪めている可能性を検証したところ、日経平均レベルでの歪みは明確でないものの、個別銘柄の株価は歪んでいることが明らかとなった。買入れの中心をTO … [ 記事全文 ]

2016/10/12

<要約>  日経平均が1万7,000円を本格的に回復できない状態が続いている。円高による今後の業績下方修正を市場は警戒しているようだが、試算によると7%程度の下方修正は織り込み済み … [ 記事全文 ]

2016/08/09

<要約>  日銀のETF大量購入は株価の下支え効果が期待されるが、そもそも日銀が株価を押し下げている可能性がある。日銀は市場との対話を通じてETF購入の効果をより大きくできるので勿 … [ 記事全文 ]

2016/06/20

<要旨> 上場企業の自社株買いが増えている。自社株買いは株主還元強化やROE(自己資本利益率)を改善させるメリットのほか、不安定な株式市場を下支えする効果もあるが、その効果の持続力 … [ 記事全文 ]

2016/06/14

2016 年2 月15 日付けレポート「投資家は賢くなったか~リキャップCB 実施企業の株価は語る~」で、2014 年以降急増している「リキャップCB」という財務手法について取り上 … [ 記事全文 ]

2016/04/21

<要約> 上場企業のROEが下がっている。15年度は目安の8%を下回り、16年度はさらに悪化する恐れも出てきた。自社株買いでROEを8%以上に回復させるのは難しく、投資家の期待を繋 … [ 記事全文 ]

2016/02/26

<要約> 米国景気の悪化が懸念され始めた。データや街の声からは現実味を帯びているように見える。実際に米国の景気後退を市場が織り込めば、米株安と円高のダブルパンチで、日経平均は年後半 … [ 記事全文 ]

2016/02/16

<要約> リキャップCBの利用が増えている。いずれも自己資本利益率(ROE)を改善することが主な目的だが、実施した企業の株価を見る限り、市場が評価しないケースが増えた。以前は借金を … [ 記事全文 ]

2015/12/18

12月18日の12時30分過ぎ、日銀は金融緩和策のひとつとして実施しているETF(上場投資信託)の買入枠を現在の年間3兆円から3,000億円増やして3兆3,000億円に拡大すること … [ 記事全文 ]

2015/12/08

<要約> レバレッジ型ETF(上場投資信託)の人気が高まっている。個別銘柄を選ぶ手間が省けるうえ日経平均などより大きく値上がりするチャンスもあって、リスクを好む個人投資家を中心に急 … [ 記事全文 ]

2015/10/23

<要約> 例年、中間決算を発表する時点で多くの企業が業績予想を上方修正するが、それが株価に織り込まれるスピードは銘柄によって異なる。発表直後から継続的に値上がりする銘柄は早めの投資 … [ 記事全文 ]

2015/10/16

<要約> 株式市場の不安定な状態が続いている。背景には中国はじめ世界経済の減速懸念やアメリカの利上げ時期が依然として不透明なことがあろう。一部にはリーマンショックの再来を心配する声 … [ 記事全文 ]

2015/08/21

<要約> 世界中の株価が急落した。しかし、世界経済が根本的に変わったわけではなく、市場心理の悪化が主な要因と考えられる。日本企業の業績に大きく影響する為替レートを客観的にみれば今期 … [ 記事全文 ]

2015/08/10

<要約> 業績予想の上方修正や期末実績の上振れは今や“恒例行事”だが、15 年度は大きなサプライズを期待するのは禁物だ。その理由として期初予想が例年よりも高かったことが挙げられる。 … [ 記事全文 ]

2015/07/01

突然の国民投票や債務返済の不履行などギリシャ問題は混迷を深める。それにもかかわらず株価の下落は限定的だ。そもそもギリシャ問題は日本経済への影響が大きくないことに加えて、“落とし所” … [ 記事全文 ]

2015/06/18

日経平均株価が終値で2万円を割った。懸案のギリシャ問題に進展が見られないうえ、頼みの米国景気が思ったほど順調に回復していないことが確認されたためだ。ただ、日本企業を取り巻く状況は何 … [ 記事全文 ]

2015/04/17

1――はじめに 近年、自己資本利益率(ROE)に対する注目度が高まっている。きっかけとなったのは、昨年3月、130 兆円以上を保有する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、 … [ 記事全文 ]

2015/02/20

日経平均株価が終値で1万8000円台を回復した。野田前首相の衆議院解散発言から2年あまり、株価を2倍以上に引き上げた最大の要因はアベノミクスと日銀の金融緩和と言ってよいだろう。これ … [ 記事全文 ]

1 2
会社名:株式会社ニッセイ基礎研究所
(NLI Research Institute)
執筆者:井出 真吾
株式会社ニッセイ基礎研究所
【ご挨拶/プロフィール】
東京工業大学卒業。日本生命保険、ニッセイ基礎研究所(チーフ株式ストラテジスト) 株式の計量分析を専門とし、投資家の立場での分析に強み。

コラム&レポート Pick Up