市川レポート 経済・相場のここに注目
rss

三井住友アセットマネジメント株式会社
市川レポート 経済・相場のここに注目   三井住友アセットマネジメント株式会社
主要国のマクロ経済や金融市場に関する注目度の高い材料をとりあげて、様々な観点から分析を試みます。
2017/05/29

市川レポート(No.396)日本株~ここからの相場展望 日本株の上値を模索する動きは継続とみる、その理由は国内経済の底堅さと企業の増益見通し。 さらに春先以降、目白押しだった世界的 … [ 記事全文 ]

2017/05/25

市川レポート(No.395)米予算教書のポイント 歳出は今後10年間で3.6兆ドル削減、減税の詳細は後日発表、インフラ投資の予算は2割のみ。 21年以降の3.0%成長は非現実的、歳 … [ 記事全文 ]

2017/05/23

市川レポート(No.394)ブラジルの政治リスクが市場に与える影響 テメル大統領の不祥事隠ぺい疑惑で、財政再建の遅延を嫌気したブラジル市場はトリプル安に。 市場では大統領辞任・弾劾 … [ 記事全文 ]

2017/05/22

市川レポート(No.393)FRBのバランスシート縮小~基本的な仕組みを考える(その2) FRBへの償還金を賄うための証券発行で米財務省のバランスシートは不変、焦点は証券の年限。  … [ 記事全文 ]

2017/05/18

市川レポート(No.392)ロシアゲートをどう解釈するか ロシアゲートについては、特別検察官の捜査によって、今後決定的な証拠が出てくるか否かに注目。 ただ大統領弾劾の可能性は低いこ … [ 記事全文 ]

2017/05/17

市川レポート(No.391)FRBのバランスシート縮小~基本的な仕組みを考える(その1) 現時点で、FRBの勘定科目や政府・民間銀行のバランスシートがどう変化するかの整理は有益。  … [ 記事全文 ]

2017/05/11

市川レポート(No.390)フランス6月下院選挙と韓国新政権の要点整理 6月下院選挙における「共和国前進」の獲得議席数は、マクロン政権の安定性を大きく左右しよう。 韓国では文在寅氏 … [ 記事全文 ]

2017/05/10

市川レポート(No.389)ドル円相場~短期・中期の視点 過熱感からドル売りに押されても本日111円68銭水準に達しなければドル安トレンド転換は回避。 テクニカル分析によって示唆さ … [ 記事全文 ]

2017/05/09

市川レポート(No.388)日経平均株価と節目の2万円 日経平均は短期間の急騰で大台回復前の売りも出やすいが、相場を取り巻く環境は大きく改善。 円相場が想定為替レートより円安で推移 … [ 記事全文 ]

2017/05/09

市川レポート(No.387)大型連休明けの相場展望 大型連休中の重要イベントは波乱なく通過し、世界の金融市場も総じてリスクオフ修正の動きに。 欧州政治リスクは後退したがイタリアには … [ 記事全文 ]

2017/04/28

市川レポート(No.386)米税制改革案と市場の評価 基本的に就任100日計画に沿った内容であり、税制改革の決意を改めて示したものに過ぎない。 財源を含め、税制改革の詳細は十分に詰 … [ 記事全文 ]

2017/04/25

市川レポート(No.385)トランプ米大統領の税制改革案とは? 改革案は予算教書ではなく、そもそも位置付けが不明瞭、就任100日を目前にした意向表明か。 基本内容は就任100日計画 … [ 記事全文 ]

2017/04/24

市川レポート(No.384)フランス大統領選挙~第1回投票を終えて 大方の予想通り、マクロン候補とルペン候補が決選投票に進むこととなり、市場に安心感が広がる。 為替市場ではユーロが … [ 記事全文 ]

2017/04/21

市川レポート(No.383)日本株を取り巻く当面の材料を整理する 為替はG20での主要議題ではなく、フランス大統領選挙では最終的にマクロン候補勝利を予想。 来週は改めて地政学リスク … [ 記事全文 ]

2017/04/19

市川レポート(No.382)トランプ政権~ここまでの評価 税制改革を含む予算の全体像はいまだみえず、スケジュール遅延や予算規模縮小のリスクが残る。 一方、通商政策では対話重視の姿勢 … [ 記事全文 ]

2017/04/17

市川レポート(No.381)日米経済対話の焦点 トランプ米大統領による4月12日のドル高けん制発言は、日米経済対話を意識したものではない。 半期為替報告は日銀の金融政策を理解、円安 … [ 記事全文 ]

2017/04/14

市川レポート(No.380)朝鮮半島を巡る米中の思惑 米国、中国、北朝鮮にはそれぞれの思惑があり、これが朝鮮半島情勢の行方を読みにくくしている。 米国は朝鮮半島の非核化、中国は対米 … [ 記事全文 ]

2017/04/12

市川レポート(No.379)地政学リスクと相場の関係 円、ドル、金が有事に選好される理由は「流動性の高さ」だが、あくまで一時避難的な動きである。 朝鮮半島で軍事的な緊張が高まった場 … [ 記事全文 ]

2017/04/11

市川レポート(No.378)ドル円の110円という水準 ドル安・円高の勢いが弱まる110円付近は、トランプ政策への市場の期待がちょうど半減した水準。 通貨オプション市場はドルプット … [ 記事全文 ]

2017/04/10

市川レポート(No.377)米中首脳会談を終えた後の注目点 北朝鮮問題や貿易不均衡問題は方針確認にとどまり、新たな米中閣僚級対話で協議を継続へ。 北朝鮮問題では非核化に向けた米中の … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 16
会社名:三井住友アセットマネジメント株式会社
(Sumitomo Mitsui Asset Management Company, Limited)
執筆者:市川 雅浩(いちかわまさひろ)
当社シニアストラテジスト
三井住友アセットマネジメント株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。 現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。 著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。 CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

コラム&レポート Pick Up