市川レポート 経済・相場のここに注目
rss

三井住友アセットマネジメント株式会社
市川レポート 経済・相場のここに注目   三井住友アセットマネジメント株式会社
主要国のマクロ経済や金融市場に関する注目度の高い材料をとりあげて、様々な観点から分析を試みます。
2017/03/23

市川レポート(No.368)先週の重要イベントを経て見えてきたこと 先週は米長期金利の低下とドル安が進んだものの、重要イベントが市場に与えた影響は限定的。 市場は依然、米利上げペー … [ 記事全文 ]

2017/03/16

市川レポート(No.367)米利上げ決定~ドル円相場と日本株への影響を考える 政策決定は予想通り、ドットチャートにも大きな変化なく、緩やかなペースでの利上げ継続を確認。 FOMC後 … [ 記事全文 ]

2017/03/15

市川レポート(No.366)重要イベント途中経過と市場の反応 英国のEU離脱通知は3月下旬の見通しで、中国の経済指標も良好なことから市場は安定推移。 OPEC月報の一部の内容に原油 … [ 記事全文 ]

2017/03/13

市川レポート(No.365)今週の重要イベントを整理する 英国は3月14日にも離脱通知、オランダ下院選で極右政権誕生は困難、市場の動揺は回避へ。 FOMCで緩やかな利上げペース確認 … [ 記事全文 ]

2017/03/10

市川レポート(No.364)原油急落と関連市場の反応 足元の原油急落は、在庫増による需給悪化懸念と、ドル高進行による割高感の強まりが主要因。 原油続落で、関連資産や新興国資産が大幅 … [ 記事全文 ]

2017/03/08

市川レポート(No.363)米早期利上げ観測でもドルの上値が重い理由 目先の利上げが早まっても、先行きの利上げペースは依然緩やかとの市場の見方がドルの重しに。 それでも3月のFOM … [ 記事全文 ]

2017/03/03

市川レポート(No.362)米利上げ期待による日本株上昇の持続性 米金融当局者の利上げ示唆は株式市場の過熱を防ぎつつ早めの金融正常化を促進するためか。 米利上げ観測を背景とする緩や … [ 記事全文 ]

2017/03/01

市川レポート(No.361)米大統領議会演説を終えて~この先市場は何に注目するか 演説で各施策の詳細に言及はなかったが公約通りの基本方針が示されたことは市場の安心材料。 今後の市場 … [ 記事全文 ]

2017/02/27

市川レポート(No.360)トランプ米大統領の議会演説後は株高か株安か 議会演説の注目は税制改革だが、NYダウはすでに連日の最高値更新で大型減税を織り込む。 大規模な減税やインフラ … [ 記事全文 ]

2017/02/23

市川レポート(No.359)日経平均株価が上昇基調を強めるための条件 日経平均やTOPIXの上値が重いのは、まだ詳細が判明していないトランプ政策への警戒の表れ。 株価上昇には、トラ … [ 記事全文 ]

2017/02/22

市川レポート(No.358)欧州の政治リスク~オランダ総選挙とフランス大統領選挙 オランダ総選挙で極右自由党が勝利しても、政権樹立までに至らず、市場の混乱は回避されよう。 フランス … [ 記事全文 ]

2017/02/21

市川レポート(No.357)米優先事項はオバマケア撤廃で税制改革はその次 トランプ米大統領もライアン米下院議長もオバマケア撤廃は税制改革より優先事項との位置づけ。 オバマケア撤廃と … [ 記事全文 ]

2017/02/17

市川レポート(No.356)為替ヘッジコスト~ここまでの動きとこれからの動き 為替ヘッジコストは、日米金融政策の方向性や日米投資家の運用・調達ニーズの影響を受ける。 昨年は米MMF … [ 記事全文 ]

2017/02/16

市川レポート(No.355)イエレン議会証言後の市場変化 イエレン議長の議会証言について、市場では予想よりタカ派的な内容だったと解釈する向きもある。 ただイエレン議長の見解は従来と … [ 記事全文 ]

2017/02/15

市川レポート(No.354)日銀はこの先どう動くか 日本国債利回りは年初から上昇傾向、これは一部に浮上していた日銀テーパリング観測が影響。 黒田総裁はテーパリング観測を否定、日銀は … [ 記事全文 ]

2017/02/14

市川レポート(No.353)税に関する驚くべき発表とは トランプ米大統領が、就任100日行動計画で示した税制改革案などの詳細は、まもなく明らかに。 しかしながらよほど「驚くべき」内 … [ 記事全文 ]

2017/02/13

市川レポート(No.352)日米首脳会談後のドル円相場と日本株 日米首脳会談は双方ともに意義のある結果となり、安倍・トランプ下の日米関係は順調にスタート。 ただ米通商・為替政策の方 … [ 記事全文 ]

2017/02/10

市川レポート(No.351)米対日貿易赤字の中身を検証する 2016年の米貿易赤字は国別1位が中国、2位は日本、財別では1位消費財、2位自動車等に。 自動車は対日貿易赤字の51.1 … [ 記事全文 ]

2017/02/09

市川レポート(No.350)日本株の材料整理 足元の企業決算は総じて良好、EPSも持ち直し傾向にあり、業績見通しは着実に改善している。 ただ業種毎のパフォーマンス格差や個別銘柄物色 … [ 記事全文 ]

2017/02/08

市川レポート(No.349)ドル円相場の見通しを更新 2017年の予想レンジを従来の1ドル=112円~122円から1ドル=108円~118円へ修正する。 日米首脳会談が無事終了なら … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 15
会社名:三井住友アセットマネジメント株式会社
(Sumitomo Mitsui Asset Management Company, Limited)
執筆者:市川 雅浩(いちかわまさひろ)
当社シニアストラテジスト
三井住友アセットマネジメント株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。 現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。 著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。 CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

コラム&レポート Pick Up