市川レポート 経済・相場のここに注目
rss

三井住友アセットマネジメント株式会社
市川レポート 経済・相場のここに注目   三井住友アセットマネジメント株式会社
主要国のマクロ経済や金融市場に関する注目度の高い材料をとりあげて、様々な観点から分析を試みます。
2017/04/24

市川レポート(No.384)フランス大統領選挙~第1回投票を終えて 大方の予想通り、マクロン候補とルペン候補が決選投票に進むこととなり、市場に安心感が広がる。 為替市場ではユーロが … [ 記事全文 ]

2017/04/21

市川レポート(No.383)日本株を取り巻く当面の材料を整理する 為替はG20での主要議題ではなく、フランス大統領選挙では最終的にマクロン候補勝利を予想。 来週は改めて地政学リスク … [ 記事全文 ]

2017/04/19

市川レポート(No.382)トランプ政権~ここまでの評価 税制改革を含む予算の全体像はいまだみえず、スケジュール遅延や予算規模縮小のリスクが残る。 一方、通商政策では対話重視の姿勢 … [ 記事全文 ]

2017/04/17

市川レポート(No.381)日米経済対話の焦点 トランプ米大統領による4月12日のドル高けん制発言は、日米経済対話を意識したものではない。 半期為替報告は日銀の金融政策を理解、円安 … [ 記事全文 ]

2017/04/14

市川レポート(No.380)朝鮮半島を巡る米中の思惑 米国、中国、北朝鮮にはそれぞれの思惑があり、これが朝鮮半島情勢の行方を読みにくくしている。 米国は朝鮮半島の非核化、中国は対米 … [ 記事全文 ]

2017/04/12

市川レポート(No.379)地政学リスクと相場の関係 円、ドル、金が有事に選好される理由は「流動性の高さ」だが、あくまで一時避難的な動きである。 朝鮮半島で軍事的な緊張が高まった場 … [ 記事全文 ]

2017/04/11

市川レポート(No.378)ドル円の110円という水準 ドル安・円高の勢いが弱まる110円付近は、トランプ政策への市場の期待がちょうど半減した水準。 通貨オプション市場はドルプット … [ 記事全文 ]

2017/04/10

市川レポート(No.377)米中首脳会談を終えた後の注目点 北朝鮮問題や貿易不均衡問題は方針確認にとどまり、新たな米中閣僚級対話で協議を継続へ。 北朝鮮問題では非核化に向けた米中の … [ 記事全文 ]

2017/04/07

市川レポート(No.376)米軍によるシリア軍事介入の解釈 シリアへの米軍事介入の報道が伝わった東京市場では、リスクオフの反応がみられたものの一時的。 戦局が大幅拡大しない限り、主 … [ 記事全文 ]

2017/04/07

市川レポート(No.375)FRBの資産縮小時期について FOMC議事要旨では、再投資政策の変更について、参加者の大半は今年の終盤が適切と判断。 再投資政策の変更については、再投資 … [ 記事全文 ]

2017/04/05

市川レポート(No.374)ドル円相場の短期テクニカル分析 トレンド系チャートでは、移動平均線と一目均衡表が、短期的な「ドル安・円高」のトレンドを示唆。 この先1~2週間で115円 … [ 記事全文 ]

2017/04/03

市川レポート(No.373)新年度入り後の日本株展望 1-3月期は主要株価指数が堅調に推移するなか、円高の重しで日経平均の出遅れが目立った。 日経平均上昇のカギを握るのはトランプ政 … [ 記事全文 ]

2017/03/30

市川レポート(No.372)EU離脱に向かう英国~相場への影響を見極める 英国はEUに対し離脱を通知、今後は離脱協定と将来協定の締結を目指し、交渉を進めることに。 英国は2協定の同 … [ 記事全文 ]

2017/03/28

市川レポート(No.371)日米金融政策とドル円為替ヘッジコストの見通し 為替ヘッジコストについて、今年は昨年の米MMF改革のようなコストを押し上げる特殊要因はない。 3月の需給要 … [ 記事全文 ]

2017/03/27

市川レポート(No.370)トランプ相場を再考する オバマケア代替案は事実上廃案、次は税制改革だが大規模減税などの実現は不透明感が強い。 トランプ政策に対する市場の期待がもう一段後 … [ 記事全文 ]

2017/03/24

市川レポート(No.369)オバマケア代替案を巡る動き 米共和党ライアン下院議長らの代替案で財政赤字は縮小するが、無保険者は増加する見通し。 代替案は下院共和党保守派が反対、一部の … [ 記事全文 ]

2017/03/23

市川レポート(No.368)先週の重要イベントを経て見えてきたこと 先週は米長期金利の低下とドル安が進んだものの、重要イベントが市場に与えた影響は限定的。 市場は依然、米利上げペー … [ 記事全文 ]

2017/03/16

市川レポート(No.367)米利上げ決定~ドル円相場と日本株への影響を考える 政策決定は予想通り、ドットチャートにも大きな変化なく、緩やかなペースでの利上げ継続を確認。 FOMC後 … [ 記事全文 ]

2017/03/15

市川レポート(No.366)重要イベント途中経過と市場の反応 英国のEU離脱通知は3月下旬の見通しで、中国の経済指標も良好なことから市場は安定推移。 OPEC月報の一部の内容に原油 … [ 記事全文 ]

2017/03/13

市川レポート(No.365)今週の重要イベントを整理する 英国は3月14日にも離脱通知、オランダ下院選で極右政権誕生は困難、市場の動揺は回避へ。 FOMCで緩やかな利上げペース確認 … [ 記事全文 ]

1 2 3 4 16
会社名:三井住友アセットマネジメント株式会社
(Sumitomo Mitsui Asset Management Company, Limited)
執筆者:市川 雅浩(いちかわまさひろ)
当社シニアストラテジスト
三井住友アセットマネジメント株式会社
【ご挨拶/プロフィール】
旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。 現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。 著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。 CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

コラム&レポート Pick Up