株式会社ティー・アイ・ダヴリュ

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ   TIWマガジン 「投資の眼」

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ 独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

会社名:株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
(Toward the Infinite World, Inc.)

執筆者:藤根 靖晃

URL:http://www.tiw.jp/

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ

【ご挨拶/プロフィール】
日本の株式市場が海外に比べて立ち遅れている要因として、公正・中立な情報を提供するインディペンデント(独立)・リサーチ(調査)の脆弱さにあります。日本の資本市場が抱える矛盾の解決を目指して私たちTIWは2000年より活動しております。地道な取材活動を通じたファンダメンタル企業調査を皆様にお届けしております。詳しくはホームページをご覧下さい。中長期スタンスの投資家様は必見です。


7月25日妥当レンジ 15,100円~17,500円
米経済指標を睨みつつ、上昇局面入りか!

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <週末の雇用統計を視野に積極的に動く局面か> ■今週は、8/1(金)の米雇用統計発表を視野に膠着した展開も予想されるが、雇用統計が著しくコンセ …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (7月25日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●マルカキカイ(7594) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

7月18日妥当レンジ 14,900円~17,300円
1Q決算は下振れがなければ市場はポジティブに反応

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <マレーシア機撃墜のショックも短期間で織り込みか> ■先週は、オバマ大統領によるロシアに対する経済制裁の拡大発表(7/16)、ウクライナ東部で …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

バリュー投資再考 -林 茂-

株式投資のスタイルや手法に、成長株投資や割安株投資というものがあります。 成長株投資とは市場平均を上回る成長(営業利益や一株当たり純利益<EPS>の成長を指す場合が多い)が期待できる銘柄に投資するというもので …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (7月18日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●ブリヂストン(5108) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

7月11日妥当レンジ 14,850円~17,250円
企業業績見通しは引き続き良化

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <海外要因等から先週は波乱があったが> ■先週はポルトガルのエスピリト・サント銀行の経営不安やイスラエルのガザ地区空爆とそれに対する反攻などか …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (7月11日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●ナック(9788) 【 …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

7月4日妥当レンジ 14,950円~17,350円
企業業績見通しは中長期的にポジティブな兆し

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <米国の利上げ時期の模索からNY市場揺れる> ■3日発表の6月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数は前月比28万8,000人増と市場予想(21 …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

自動車株はまだ割安か、もう割高か -高田 悟-

日系完成車メーカー8社(商用車と二輪を除く)の内6社(注)が終わった14/3期に営業利益過去最高を更新した。12年末の第2次安部政権発足後、円安進行の追い風もあり、業績向上への期待から自動車株は上昇。多少のばらつきはあれ …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (7月4日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●アイシン精機(7259) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

6月27日妥当レンジ 14,700円~17,100円
円高要因と米国指標発表を視野にやや模様眺めの展開

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <国内経済指標は斑模様> ■5月の有効求人倍率(6/27発表)は、4月より0.01ポイント改善し、1.09倍と1990年代前半の水準になった。 …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (6月27日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●日信工業 (7230) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

6月20日妥当レンジ 14,850円~17,200円
NY株高に連動した相場展開続く

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <FOMCは緩和姿勢を継続、イラク情勢は大きな動き無し> ■米FOMC(17~18日)は予定通り資産購入額を月間450億ドルから350億ドルに …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (6月20日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●曙ブレーキ工業 (723 …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

お知らせ!藤根靖晃が明日マネックス証券でオンラインセミナーを行います

お知らせ! 藤根靖晃が明日(20日)マネックス証券でオンラインセミナーを行います。 ご連絡が間際になり恐縮ですが、明日(20日・金)16:00より 藤根靖晃がマネックス証券にてオンラインセミナーを行います。 タイトル: …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

6月13日妥当レンジ 14,650円~17,000円
イラク情勢と原油価格の上昇に注意

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <中東情勢混沌化の危機を孕む> ■アルカイダ系武装集団イラク・レバントのイスラム国家(ISIL)がイラク北部の都市を制圧した。ISILはスンニ …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (6月13日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●愛知時計電機(7723) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

6月6日妥当レンジ 14,550円~16,900円
目先のイベントを消化し、上昇局面続く

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <ECB理事会、米雇用統計は市場予想通り> ■5日のECB(欧州中央銀行)理事会において、金融緩和策として、1)政策金利の引き下げ(0.25% …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

今週の注目レポート (6月6日)

【F’sセレクション】 チーフ・アナリスト藤根靖晃が、直近1週間に発行された全レポートから独自の視点(ROE・財務レバレッジ・PBR水準等)で、注目銘柄を3銘柄ピックアップします。 ●東洋ゴム工業(5105) …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント

5月30日妥当レンジ 14,250円~16,550円
マーケット水準は依然として修正余地が大きい。

【「IFIS/TIWコンセンサス225」によるマーケットの妥当レンジの推計】 <消費税の小売売上の反動減は織り込み済み> ■5月29日発表の商業販売統計において、4月の小売業の販売額は前年同月比4.4%減少した。3月が駆 …
続きを読む >>

カテゴリー: TIWマガジン「投資の眼」, 市況・相場展望 | コメント