ブラジルの金融政策と、今後のレアル相場見通し

2016/06/09
  1. Copom(金融政策委員会)は政策金利を14.25%で据え置き、インフレ抑制姿勢を続けます。
  2. インフレ率はピークアウトしていますが、コアベースでのインフレ抑制が政策上の課題です。
  3. 景気底打ち期待、財政健全化への取り組みが好感され、レアルは対ドルで堅調に推移しそうです。

まだ予断を許さないが、インフレは年内にピークアウトか

6月7-8日にBCB(ブラジル中央銀行)がCopomを開催し、政策金利のSELICレートを14.25%に据え置きました。15年7月に利上げして以来7会合連続の据え置きです。Copom終了後に発表された声明文では、インフレ目標(+2.5~6.5%)を満たす展望が持てない限り金融緩和の余地はないとしており、インフレ抑制への強い姿勢が続けられています。

インフレ率は16年1月をピークにやや低下していますが、5月のCPIは前年同月比+9.32%と依然高水準です。また、生活コストの上昇でコア指数(食品・エネルギー除く、弊社推定値)が同+8.04%と加速しており、現在の金融政策スタンスを裏付けしています。ただし、長期化した景気後退の影響で、コアベースのインフレ率もピークが近付いていると見ています。

201606094

政治不安の後退が景気、政策に対する好感度高める

インフレ抑制的な金融政策スタンスの下、通貨レアルは対ドルを中心に持ち直しています。6月8日時点では1ドル3.36レアルと、直近の安値(15年9月、4.17レアル)から24%程度上昇しています。

これは、ルセフ大統領の弾劾訴追が決定して職務停止となり、暫定政権(テメル大統領代行)の下で財政健全化の動きが活発化するという期待があるためです。また、1-3月期GDPが市場予想よりも良好で、景気回復期待が出てきたことも後押しになっていると見られます。特に、政治不安後退はレアルの投資妙味向上につながっており、当面は対ドルで堅調、対円はドル・円相場の影響を受けながらも底堅く推移しそうです。

201606095

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up