ECB理事会について~引き締め転換はいつ頃?

2017/12/15
  1. 政策金利、資産購入プログラムなど一連の金融政策手段は据え置かれました。
  2. 依然としてインフレ率は目標を下回るものの、ECBでは下振れリスクは後退してきたという認識です。
  3. 利上げは先行き1年はないと見込まれますが、景気の腰の強さがユーロにとって追い風です。

ハト派的なスタンスは変化なし

ECB(欧州中央銀行)は14日、定例理事会を開きました。レポ金利などの政策金利、資産購入プログラム(APP)など、一連の金融政策手段は据え置かれました。

声明文では、経済情勢次第ではAPPの延長や増額が有り得るとしており、従来からの姿勢は変更ないということが示されました。また、政策金利については、現在予定されている量的金融緩和の実施期間を超えて現行水準を維持する方針であり、ハト派的(緩和縮小に慎重)な姿勢は変わりありません。アムンディでも、少なくとも先行き1年は現行水準を維持すると予想しています。

201712153

19年に利上げ?

今回は、ECBスタッフによる景気・物価見通し(3、6、9、12月発表)が発表されました。実質GDP成長率が全般的に上方修正された一方、インフレ率は18年が下方修正されました。堅調な景気の一方、インフレ率の上昇は遅れるとの見方が示され、理事会のハト派的な姿勢につながったと見られます。ただし、19、20年でインフレ率の緩やかな上昇が見込まれており、ECBとしてはインフレ率の下振れリスクは後退してきたと認識していると思われ、19年の利上げが示唆されています。

ユーロ相場は最近はもみ合いで推移していますが、本格的な金利上昇を予想しにくいのに対し、景気刺激的な政策姿勢が続くことから、堅調な景気がユーロにとって追い風になると思われます。

201712154

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会