オーストラリア(豪)の17年4-6月期GDP~経済、市場の展望

2017/09/06
  1. 実質GDP成長率は前期比年率+3.3%でした。公共投資と輸出の増加が押し上げました。
  2. 17年は+3%前後の成長と見込まれます。輸出環境改善と雇用増で内・外需双方が寄与しそうです。
  3. 景気の安定を受け、年末にかけて金融政策は様子見が続き、豪ドルは底堅く推移すると思われます。

個人消費はコンスタントな成長維持

本日、豪統計局が発表した17年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.3%(前期比+0.8%)でした。気候面の特殊要因で減速した1-3月期から回復しました。

国内需要は安定した伸びが続いています。寄与度を見ると、個人消費の+2.7%と、1-3月期と同じ、固定資本投資は同じく+1.6%と+0.6%から拡大しました。固定資本投資は、地方の公共事業が回復したことが要因です。民間投資は、鉱業投資がようやく下げ止まったものの、まだ増勢には転じていません。また、外需(輸出-輸入)は荒天の影響で1-3月期に輸出が減少した反動が出ました。17年の成長率については+3%前後が予想されます(アムンディは+2.7%)。コンスタントな消費の増加と輸出環境の改善が寄与しそうです。

201709061

安定成長と商品市況の改善が支援材料

豪ドルは対米ドル、対円双方で底堅く推移しています。米国で、年内利上げ期待がやや後退していることで、投資資金の流出リスクが縮小したこと、商品市況の回復などが要因として考えられます。

最近1年ほど、商品市況との連動性が下がっていましたが、最近数カ月は連動性が高まっています。これは、原油価格の動きが小さくなり、金属など他の品目の影響度が高まったためと思われます。最近は鉄鉱石、銅、アルミなどの市況が好調であり、豪ドルを押し上げていると見られます。当面は、金融政策は大きな材料とはならず、中国の活発なインフラ投資が金属への需要を下支えし、豪ドルにとって支援材料になると期待されます。

201709062

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up