ECB理事会~緩和縮小への地慣らし?

2017/07/21
  1. 現行の政策は据え置きでした。秋以降、今後の政策スタンスについて議論することが示唆されました。
  2. インフレ率が低位で推移している以外、ユーロ圏の経済活動はおおむね順調に回復しています。
  3. 量的金融緩和は年内は現行通り、年明け後に縮小させ、徐々に正常化を目指すと予想されます。

懸案はインフレのみ

20日、ECB(欧州中央銀行)は定例理事会を実施し、政策金利、資産購入プログラム(APP)を現行で据え置きました。APPによる資産購入残高は6月末時点で1兆9527億ユーロと、前月600億ユーロ強の増加であり、月当たり600億ユーロの購入ペースが維持されています。理事会後の記者会見でドラギ総裁は、現行の政策スタンスを粘り強く継続する必要があるとしながらも、秋以降に議論をすると述べました。それが、緩和縮小ありきの議論ではないとしたものの、当然、量的金融緩和の今後が議論の俎上(そじょう)に上ることは十分考えられます。

ユーロ圏経済は、個人消費、企業活動、景況感など主な経済指標を見る限り、16年前半までの減速から脱し、緩やかながらも回復基調を強めています。それと同時に雇用環境は改善を続けています。その中で十分に改善していないのがインフレ率で、ユーロ圏HICP(統合消費者物価指数)は6月が前年同月比+1.1%(コア)と、目標の+2%弱よりも低位で推移しています。ECBはインフレ率が上昇しない背景としてディレバレッジ(広い意味での経済活動の慎重化)を挙げていますが、着実な景気回復で、インフレ率は徐々に切り上がると見込んでいます。

201707211

緩和縮小もあくまで慎重に

アムンディでは、ECBは年明け後に量的金融緩和を徐々に縮小させていくと予想しています。一方、市場に対しては、「金融引き締め」のマインドを持たせないよう、慎重なコミュニケーションを心がけ、経済情勢に応じて、徐々に緩和色を薄めていくと見込まれます。政策金利の変更については、量的金融緩和から脱した後で、少なくとも18年前半までは変更はないと予想しています。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up