FOMC~今後の利上げ見通しは?

2017/02/02
  1. 景気認識は前回会合とほとんど変わっていませんが、家計、企業の景況感改善が指摘されました。
  2. 景気拡大に伴いインフレ率が上昇し、年末にかけて緩やかな利上げが実施されると想定されます。
  3. 3月時点の政治リスクの状況等を考慮すると、次回利上げは6月、年内は2回と予想しています。

年内には「デュアル・マンデート」をほぼ達成か

31-1日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれました。政策金利のFF金利の誘導水準は0.5-0.75%で据え置かれました。

委員会終了後に発表された声明文では、家計や企業の景況感改善、物価の下押し圧力後退が示され、景気認識が若干改善しているという印象がありました。「雇用最大化と物価安定」という委員会が負っている2つの任務(デュアル・マンデート)に照らすと、失業率は完全雇用とされている5%程度を下回り、前者はほぼ達成しています。また、PCE(個人消費支出)価格総合指数は前年同月比+1.6%(12月)と、目標の+2%に近付いています。同指数は、下押し圧力後退を受けて今後さらに目標に近づき、デュアル・マンデートは遅くとも年内には達成しそうです。

201702021

緩やかな利上げが続くとの見方を再確認か

次回の利上げ時期について、BloombergがFF金利の先物価格から算出している利上げ確率を見ると、0.75-1.0%への引き上げは6月、1.0-1.25%へが10月のFOMCがコンセンサス(50%を超えた時点)と見られます。年3回の利上げを指す1.25-1.5%は、年内は50%未満にとどまっています。

3月の確率も30%超ありますが、政治リスク(英国のEU離脱宣言等)の状況を考慮すると時期尚早で、経済見通しの発表や記者会見がある会合に限定すれば6月利上げが適当と思われます。また、アムンディでは今年の利上げは2回、6月と9月、12月いずれかの会合での実施を予想しています。

201702022

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up