11月の鉱工業生産について(日本)

2016/12/28
  1.  11月の生産指数は前月比+1.5%でした。自動車、電機等がけん引、情勢判断も上方修正されました。
  2. 輸出の回復が鮮明化しているなど、海外の景気が持ち直していることが影響していると見られます。
  3. 出荷・在庫循環が好位置にあり、今後も生産が順調に増加していくことが示唆されています。

海外景気の持ち直しが影響

本日、経済産業省が発表した11月の鉱工業生産指数(速報)は前月比+1.5%でした。輸送機械工業(同+2.0%)をはじめ、電気機械工業(同+5.5%)、電子部品・デバイス工業(同+3.6%)など高ウエイトの産業がけん引しました。

情勢判断は「持ち直し」と、前月の「緩やかな持ち直し」から前進しました。この表現は14年3月以来で、消費税増税の影響を克服するところまで、生産活動が回復してきたことを示していると見られます。足元で輸出の増加が著しく、中国を中心に海外の景気が持ち直し方向にあることが生産増加を後押ししたと見られます。生産予測指数は12月が前月比+2.0%、1月が同+2.2%と、機械、電子部品等を中心に生産の増勢が維持される方向にあります。

201612281

生産加速局面入りがより鮮明化

在庫調整が順調に進捗しており、出荷・在庫循環では「出荷増による意図せざる在庫減少」という、生産が最も加速しやすい局面にあることがより鮮明になっています。また、同じく在庫調整圧力を見る指標である在庫率指数を見ても、11月は大きく低下して14年4月以来の低水準となりました。特に主要産業である輸送機械工業、化学工業がけん引し(生産ウエイトは双方合わせて約32%)、生産拡大の余力が大きくなっていることも、今後の生産増加に対する安心感も感じられました。

201612282

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up