10月の「街角景気」について(日本)

2016/11/10
  1.   201611103判断DIは現状、先行き共に上昇しました。好調な雇用環境が消費マインドを改善させる流れです。
  2. 家計関連では観光収入期待が後退しているサービス関連が弱い一方、一般消費部門が好調です。
  3. 商品市況、為替相場など外部環境が落ち着く中、景気対策効果で景況感改善の継続が期待されます。

「爆買い」需要頭打ちをカバーする家計消費

「街角景気」は正式には景気ウォッチャー調査といい、小売店員、サービス業者、中小企業主など、全国2,050名の「景気ウォッチャー」によって経済の末端の景況感を測ったものです。5段階で景気の現状、先行きを評価し、判断DIを集計します。50が景気に対する中立点です。

9日、内閣府が発表した10月調査では、現状判断DIは前月比+1.4ポイントの46.2、先行き判断DIは同+0.5ポイントの49.0でした。現状判断DIは、家計関連が全般的に好調でした。雇用環境の改善が賃金増加に波及し、外国人観光客の消費伸び悩みをカバーして家計の一般的な消費行動が下支えする形になってきたと見られます。また、天候の安定も寄与したと見られます。

201611101  201611103

国内要因が今後の景況感を押し上げ

次期米大統領が共和党のトランプ氏に決まりました。議会も共和党が上下両院を制し、政権の安定が期待されます。また、拡張的な財政政策によって米国経済が底上げされ、世界的にも好影響を与えると期待されます。

また、年後半に入って商品市況や為替相場が比較的安定しています。これは、国内の景気に対する不透明感を後退させ、景況感を下支えすると思われます。年度後半は、国内での景気押し上げ要因が景況感改善に寄与すると期待されます。事業規模28兆円の景気対策が動き出すのをはじめ、量的・質的金融緩和も粘り強く続けられます。また、労働需給のひっ迫によって賃金増加傾向が鮮明化してきており、個人消費を底上げしそうです。景況感の改善は、市場にも好影響を与えると期待され、年度末に向け株価は底堅く推移すると思われます。

201611102

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up