9月の小売売上高と最近の消費マインド(米国)

2016/10/17
  1. 9月の小売売上高は前月比+0.6%、6月以来の高い伸びでした。自動車、ガソリン、外食が堅調でした。
  2. NRFは年末商戦を前年比+3.6%との予想を発表しました。過去10年平均を上回る強気予想です。
  3. 家計のマインドは、目先に対しては明るい一方、中長期的には慎重な見方をしていると見られます。

個人消費は底堅さ増すとの業界分析

14日に米商務省が発表した9月の小売売上高は前月比+0.6%と、伸び悩んだ7、8月に対し、比較的高い伸びとなりました。自動車、ガソリン、外食が堅調で、自動車、ガソリンを除くコアでは同+0.3%でした。CPIの変動を除く実質では、7-9月期は前期比+1.2%と、4-6月期の同+1.1%から大きな変化はなく、個人消費は緩やかながら安定した伸びが維持されました。

NRF(全米小売業協会)が4日、今年の年末商戦の見通しを発表しています。自動車、ガソリン、外食を除く11、12月の売上高合計は前年同期比+3.6%との予想でした。これは、前年実績(+3.2%)、過去10年平均(+2.5%)を上回る強気予想です。NRFの分析によると、雇用・所得環境の持続的な改善で、個人消費は底堅さが増していることが背景にあるとのことです。

201610171

問うている内容によって違いが出る消費マインド指標

ところで、二大消費マインド指標の方向性が逆になっています。ミシガン大学消費者信頼感指数の10月速報値は87.9と今年最低となった一方、カンファレンス・ボードが発表する消費者信頼感指数は9月時点で104.1と堅調です。

前者は、1年後、5年後の景気を問うているほか、コンファレンス・ボードでは算入していない耐久財の買い時判断を入れています。また、株価変動に影響を受けやすい特徴も持っています。一方後者は、6カ月後の景気や家計状況と、比較的短期の見通しを問うています。目先楽観していることは年末に向けた期待として反映される一方、1年から数年先については慎重な家計の姿が垣間見えます。

201610172

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会