米国大統領選挙終盤情勢

2016/10/14
  1. 米大統領選は1019日の第3回討論会を残すのみ。現時点ではクリントン氏が大きくリードしています。
  2. クリントン氏は1020人の選挙人上積み程度、トランプ氏は接戦州を総取りする勢いが必要です。
  3. どちらが当選しても経済政策は内向きになる公算が大きく、米景気にはプラスに働くと思われます。

支持率の差は10ポイント近くまで開く

米大統領選挙は、クリントン氏、トランプ氏の第2回討論会を終え、10月19日の第3回討論会を残すのみとなりました。

両者の支持率(直近5回分の世論調査の平均)は、9月26日の第1回討論会直前で、クリントン氏が約45%、トランプ氏が約43%と接戦でした。これに対し、10月12日時点では、クリントン氏が約49%、トランプ氏が約39%と大きく開いています。一部のネット調査ではトランプ氏有利というのもあります(CNBCウェブサイトではトランプ氏67%など)が、保守系メディアのFOXニュースでも10月10~12日の調査ではクリントン氏49%、トランプ氏41%となっており、クリントン氏優勢は揺るぎないと思われます。

201610141

金融行政は規制強化の方向、対外政策は対等な協調

次に、州別の大統領候補支持率を基に、選挙人獲得数の推計をしました。米国大統領選挙は、州別に選挙人が割り振られており、獲得票数の多い候補が選挙人を総取りするルールになっています(一部例外あり)。現時点で、クリントン氏は当選に必要な選挙人の過半数(270人)の90%以上をすでに確保していると見られます。あと10~20名上乗せできれば当選です。一方、トランプ氏は、接戦州をほぼ総取りしなければ敗北濃厚です。

ただ、どちらが当選しても格差是正などの国内問題を抱えて、経済政策は内向き、財政は拡張的になる公算が大きく、米国経済にはプラスに働きやすいと思われます。また、クリントン氏が当選した場合、金融機関に対する規制色が強まる可能性が高いと見込まれます。対外的プレゼンスは後退気味で、米国片務的な協調から対等な協調がより重視されるようになると思われます。

201610142

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会