FOMC~年内利上げは何回なのか?

2016/06/16
  1. FF金利は据え置きでした。足元の雇用環境の改善鈍化や海外情勢に配慮したと見られます。
  2. FOMCメンバーのFF金利予想が大きく下がり、年内利上げ1回が17名中6名に上りました。
  3. 市場では年内利上げに懐疑的な見方も台頭しています。当面は英国民投票や雇用指標に注目です。

雇用指標が影響、英国国民投票も考慮

6月14-15日、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開かれました。FF金利誘導水準は0.25-0.50%で据え置かれました。委員会終了後に発表された声明文では、雇用拡大の鈍化が考慮されたことがうかがえます。また、記者会見では、6月23日のEU残留・離脱を問う英国の国民投票も、意思決定に影響したことをイエレン議長が示唆しました。

FOMCメンバーの16年経済見通しは、失業率は4.7%で据え置き、実質GDP成長率は+2.0%で前回の+2.2%から下方修正、インフレ率(右下図中☆参照)は+1.4%で前回の+1.2%から上方修正されました。5月の失業率がすでに4.7%と、雇用の拡大が限界に近いという見方も出てきています。

景気については、雇用・所得環境の改善を受けて個人消費、住宅投資が堅調な一方、設備投資や外需が減速ししており、家計と企業の景況感で明暗が表れている、いわゆる「片肺飛行」となっているのが米国景気の現状と思われます。

また、インフレ率の上方修正は、国際商品市況下落の影響の剥落を受けたもので、インフレ期待に変化はない上、目標の+2%を早期に達成する展望にもつながっておらず、利上げの誘因にはなっていないと思われます。ただし、雇用拡大が限界に近いなら、今後は賃金に上昇圧力がかかる可能性があり、これからの政策の意思決定に影響しそうです。

201606161

利上げを急がないスタンス?

FOMCメンバーによるFF金利誘導水準の予想は、全体的に下方修正されました。全予想(17名)の中央値は16年は0.875%で3月時点と同じですが、年内利上げ1回を示す0.625%と予想したメンバーが6名と。3月時点の1名から大幅に増加しました。また、1%超の予想は16名から2名へ激減しました。年内の利上げは1~2回というのが大方のコンセンサスで、利上げを急がないスタンスが示唆されました。

一方、市場の形成する利上げ予想は、FF金利先物や国債利回りから推定すると、年内は0~1回がコンセンサスとなっており、FOMCメンバーの予想より慎重です。こうしたことを受け、米国債利回りは2年が2月以来の0.6%台に低下、10年は1.5%台と年初来最低となりました。市場の予想は今後の経済情勢によって上下に振れるため、雇用関連指標や海外情勢によって、年内利上げなしから2回までの間で、市場はまだ揺れ動きそうです。

アムンディでは、年内の利上げを1~2回と見ています(年末を0.75%と予想)。現時点の予想に基づくと、ドル・円相場は現状よりもやや円安、中・長期金利は上昇の余地があると見ています。

201606162

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up