英国動向UPDATE~引き続きEU残留を予想

2016/03/24

残留と離脱が拮抗するが、残留優位の見方は変えず

EU残留、離脱を問う国民投票を6月23日に控え、世論調査では残留、離脱が拮抗の度合いを強めています。また、22日にベルギーで発生した連続テロによって、離脱支持が若干増加するとの見方もあります。

アムンディとしては、引き続きEU残留をメインシナリオとしています。やはり、経済的損失を無視して離脱するのは困難と思われます。英国産業連盟(CBI)の調査によると、最大で2015年名目GDPの5.5%(約1000億ポンド)、95万人の雇用を失うとのことです。加盟企業への調査でも残留が80%、離脱は5%でした。世論、企業双方の調査で保留が15~20%ありますが、冷静な判断の下、最終的には残留が多数になると思われます。

201603241

英ポンドはすでに離脱を半ば織り込んでおり、残留ならば反発余地大きい

英ポンドは年初来、対ドルで4.2%下落しており(3月23日現在)、円(6.8%上昇)、ユーロ(3.0%上昇)と対照的です。原油価格下落で「産油国通貨」の一環として下落した部分もありますが、EU離脱による経済的損失を懸念した部分も相当程度含まれていると見られます。

したがって、EU離脱は半ば相場に織り込まれており、我々のシナリオに沿えば、英ポンドは割安と判断されます。国民投票直前まで神経質な展開が続くことは否めませんが、残留が決まった場合の反発余地は大きいと思われます。

201603242

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up