インドネシア、3カ月連続利下げ

2016/03/18
  1. インドネシア中央銀行(BI)16-17日の定例理事会で、政策金利を6.75%に引き下げました。
  2. インフレが安定するなか、現政権が積極化させるインフラ整備の経済効果を高めると見込まれます。
  3. 景気押し上げ期待で海外からの投資資金が流入し、為替、株価に好影響を与えると期待されます。

積極財政との相乗効果が期待される

インドネシア中央銀行(Bank Indonesia、BI)は16-17日に定例理事会を開き、政策金利を0.25%引き下げ、6.75%とすることを決定しました。CPIがインフレ目標(前年比+3~5%)の範囲に収まっている(2月は前年同月比+4.42%)ほか、グローバルな金融市場環境がやや落ち着いてきたこと、米国がFOMC(米連邦公開市場委員会)で利上げを見送り、緩和的な姿勢を取ったことも影響したとみられます。

BIは声明文で、追加利下げについては慎重に構えるとしていますが、年内のCPIは目標範囲内に収まると見ており、当面は緩和的な姿勢を続けそうです。これは、積極化している政府のインフラ投資の経済効果を高めると期待されます。

201603181

「利下げができる国」に集まる投資資金

利下げを受けて、通貨ルピアは対ドルで10カ月ぶりに1ドル13000ルピアを割り込みました。対円は、ドル安・円高に振らされながらも、3月は100ルピア0.85~0.88円で底堅く推移しています。

また、代表的な株価指数のJCI(ジャカルタ総合指数)は1月の利下げ(1月14日)から8%強上昇しています。年初からの世界的な金融市場の動揺が落ち着く中で、景気に不安が残る新興国も、通貨下落を心配せずに利下げができる国に投資資金が流入する傾向が続いています。今後、利下げが一段落しても、内需主導による景気拡大を期待して投資資金流入が続くと見込まれ、当面の為替、株価に好影響を与えると期待されます。

201603182

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up