2月の雇用統計について(米国)

2016/03/07
  1. 非農業部門雇用者数は前月比+24.2万人と順調に増加しました。一方で、賃金の伸びは鈍化しました。
  2. 人材派遣業の減少は引き続き要注意ですが、おおむね2025万人の増加傾向は変わっていません。
  3. 「雇用のたるみ」の改善が進み、賃金の伸び上昇がインフレ率を押し上げる流れは変わりません。

反動増を中心にサービス産業の雇用が増加

3月4日、米労働省が2月の雇用統計を発表しました。非農業部門雇用者数は前月比+24.2万人でした。1月の同+17.2万人から再び20万人超の増加ペースに戻りました。単月の動きをならすと、約1年間おおむね20~25万人の増加ペースが続いていると判断されます。また、失業率は4.9%で前月比横ばいでした。

主な業種の雇用者数の動きを見ると、製造業が5カ月ぶりに前月比減少した一方、教育サービスと州教育機関が1月のマイナスからプラスに転じるなど、サービス産業が幅広く押し上げました。なお、雇用全体の動きに対して2~3四半期先行する人材派遣業は前月比-0.98万人と2カ月連続マイナスでした。引き続き同業の動きには要注意です。ただし、マイナス幅は1月(同-2.17万人)から縮小しました。

201603071

「雇用のたるみ」解消継続、労働需給ひっ迫は変わらずは

「雇用のたるみ」の解消度を示す「広義の失業率」-失業率は4.8%(9.7-4.9)でした。すでに、賃金が加速しやすくなると見られる5%を下回っており、賃金の伸びが上昇してインフレ率が押し上げられる方向は変わらないと思われます。

市場は、景気、インフレ、政治不安等々の悪いニュースは織り込んだ感があります。逆に、景気後退を映してインフレが鈍化し始めたり、政治不安に何らかの決着を見た後をイメージし始めている可能性があります。

201603072

201603075201603074

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up