今後の予定と次の米利上げ時期

2017/02/24

▣ 「かなり早期」の利上げが適切

米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)が2月22日に、米連邦公開市場委員会(FOMC、1月31日-2月1日)の議事要旨を公表しました。

この議事要旨やFRBの要人発言から窺える、最近のFRBの姿勢は、

  • 経済が予想通りかそれ以上進展すれば「かなり早期」の利上げが適切になる
  • 政策が後手に回る(利上げが遅れる)のは賢明でない
  • 次の景気後退局面に備えて、利下げ余地を確保しておきたい
  • FOMC参加者の政策金利見通しである年内3回利上げは妥当
  • バランスシートの縮小開始が適切になる時期を再度検討(保有している米国債の償還金などを再投資して、保有資産の残高を維持する政策の停止などを検討)するべき時が来ている

などが挙げられます。

もちろん、雇用の最大化と2%の物価目標への改善が、金融当局者の見通しの軌道から外れずに継続することが、利上げの前提になります(図表1、2)。リスクとしては、トランプ米大統領の財政政策や欧州などの政局不安に加え、ドル高についても警戒している模様です。

また、一部の委員からは、FRBの「緩やかなペース」が「年1、2回の利上げと誤解されている」との懸念が出ているようです。市場の織り込みは、年内2回~2.5回の利上げ(図表3)。FRBは3回の利上げが「緩やかなペース」とみられ、市場とはまだ若干のかい離がある状況です。

20170224

▣ 次の利上げ時期は

今後の主な予定は、

  • 2月28日、トランプ米大統領の米議会上下両院合同本会議での演説
  • 3月10日、米雇用統計
  • 3月13日ごろ、トランプ政権が来年度予算(17年10月~18年9月)のたたき台となる予算教書を議会に提出
  • 3月14-15日、米FOMC
  • 3月15日、米連邦債務上限引き上げ期限
  • 3月15日、オランダ総選挙
  • 4月23日、フランス大統領選(第1回投票)
  • 5月2-3日、米FOMC
  • 5月7日、フランス大統領選(決選投票)
  • 6月13-14日、米FOMC

トランプ氏は2月9日に、2、3週間以内に驚くべき税制改革を公表すると述べており、合同本会議での演説の内容に注目が集まります。ただ、減税やインフラ投資などの詳細については、予算教書まで待つ必要がありそうです。他方、オランダ総選挙では、移民受け入れ反対や反欧州連合(EU)を掲げる自由党(PVV)が躍進すると、投資家心理が悪化する可能性があります。また、4月、5月に実施されるフランス大統領選に向け、移民抑制やEU離脱を掲げるフランスの国民戦線(FN)のルペン党首勝利の可能性が高まると、金融市場が不安定な動きになることも想定されます。

トランプ氏の税制改革については、法人税や所得税の減税は好感されることが見込まれるものの、輸出で得た収益は課税を免除し、海外から仕入れた製品や部品は費用控除を認めずに課税する「国境調整」については注意が必要です。

FRBは、3月のFOMCでの利上げについては、排除しないという意見があるものの、賃金の上昇が急加速し、インフレリスクが急激に高まらない限り、利上げに踏み切るのは難しそうです。次のFOMCは5月2-3日。ただ、フランス大統領選が4月23日(第1回投票)、5月7日(決選投票)に予定されています。昨年は、6月の英国のEU離脱を問う国民投票を前に、利上げを見送った経緯があります。5月の利上げ確率がやや上昇していますが、6月利上げがメインシナリオとなりそうです。

なお、3月のFOMCでは、イエレン議長の記者会見と経済見通し、政策金利見通しの公表が予定されています。利上げが見送られた場合でも、複数回の利上げに前向きな姿勢が示されることや、FOMC委員の政策金利見通しが引き上げられると、米金利やドルが押し上げられることも想定されます。

 

 印刷用PDFはこちら
http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up