政府・日銀が学ぶべき教訓

2018/02/14

主体性なき日本

世界での日本は、外交ばかりでなく経済でも、主体性や存在感を発揮できずにいます。先週の日本株急落も、直接的には米国の動きに追随したものです。実体経済についても、海外次第の面が濃厚です。

それは、本日発表された国内総生産(GDP)をみてもわかります。これによると、昨年の年間成長率は1.6%と、日本としては悪くありません(図表1)。ただ、世界経済の全体的な成長のおかげです。

不自然な円安が輸出を補助

実際、昨年の実質輸出は前年比6.8%増と、大きめの伸びを示しました。特に中国などアジア向け、および米国向けの輸出が好調です。輸出先の景気が良いからですが、為替相場も多少は関係しています。

ドル円相場は足元107円台まで下がったとはいえ、理論値(購買力平価によれば100円を大きく下回る水準)に比べると、まだ大幅なドル高・円安水準です。これだけ不自然な通貨安が続けば、さすがに日本企業の価格競争力が高まります。海外で値下げをしても、円換算の売上を維持できるからです。

何のための輸出?

しかし輸出が増えても、それだけでは国民の豊さが増したことになりません。問題は、実質の(つまり物価上昇分を控除した)賃金が増えているか否かです。それが減っているのに輸出が増えているとすれば、より少ない実質賃金で、より多くの物やサービスを外国人向けに生産している、ということです。

そうした残念な状況になっているのが、最近の日本です。事実、昨年の実質賃金は前年比マイナス0.2%となりました(図表2)。名目の賃金は増えているものの、円安などでそれ以上に物価が上がっているからです(食品やエネルギーなど)。実質賃金が顕著に増えない限り、消費の力強い回復は期待できません。昨年の消費は前年比1.1%増でしたが、消費税増税で消費が落ち込んだ後としては、弱い回復です。

黒田氏の続投は合理的

こうした中、黒田日銀総裁の続投が固まりつつあるようです(4月から2期目(1期は5年)に突入)。

安倍政権には合理的な選択です。同政権が望むのは、円安と株高に尽きるからです。黒田氏のもとで日銀が超金融緩和を続ければ、円高が一方的に進むのを当座は抑制できるかもしれません。金融緩和で通貨価値が毀損されれば、ほかの通貨と比べた価値が下がる(円安)はずだからです。そして円安が続けば、技術面の優位性が低下した輸出企業の業績を、しばらく助けることができます(家計の犠牲で)。

「緩和相場の終わり」にどう向き合うのか?

しかし政府・日銀は、先週の世界同時株安から教訓を学ばねばなりません。金融緩和に頼った相場は、いつか終わるということです(この世界株安は、米国の「脱・低金利」観測が引き金)。そして、不自然な相場は必ず修正を強いられる、ということです(1月までの米国株上昇は、やはり行きすぎでした)。

金融緩和に最も頼っているのが日本であり、為替は不自然な円安水準です。しかし、市場を歪め続けることはできません。よって黒田氏の2期目には、市場が落ち着いた局面で、正常化(資産買入れの縮小や利上げ)を進めるのが適切です。それが遅れるほど歪みが蓄積され、将来、日本発の金融危機を招く可能性が高まるからです。そのように全く名誉でない形で、日銀は存在感を発揮したいのでしょうか。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up