独裁への道

2017/04/20

トルコの歴史的な国民投票

北朝鮮問題は、それぞれの国が、国民の関心を内政からそらそうと利用している面もあるでしょう。

それに対し、世界では多くの実体的な激震が走っています。その一つが、トルコの政治です。16日、この国で歴史的な国民投票が行われました。それはトルコと世界に対し、不吉な影を落としています。

これは、憲法改正案の賛否を問うものでした。この案が成立すれば、大統領が絶大な権力を振るうことが可能になります。もっとはっきり言うと、エルドアン現大統領による、独裁への道が開かれます。

結果は僅差

投票の結果は、改憲賛成が51%と、エルドアン支持派が勝利しました。これを受け、2019年秋には新憲法が全面的に適用されます。しかし、大差の勝利を狙ったエルドアン氏にとって、際どい僅差です。

トルコでは、昨年7月のクーデター未遂の後、非常事態宣言が発せられています。そのもとで、エルドアン氏は政権批判を不当に弾圧しています。改憲反対派は、集会や宣伝を著しく制限されました。

にもかかわらず、49%の人が改憲に反対しました。特に、首都アンカラや最大都市イスタンブールでは、反対票が上回りました。エルドアン氏への強い反発、およびトルコの深い分裂が示されたのです。

エルドアン大統領の「やりたい放題」に

同氏は、こうした状況に危機感を持つでしょう。よって今後、言論弾圧が和らぐとは考えられません。

この点、同様に強権的なトランプ米大統領は、最近、態度の修正を迫られています。しかしこれは、米国の民主的な伝統と仕組みのなせるわざでしょう。トルコの場合、そうした仕組みが強くありません。

というより、それを弱めるのが今回の改憲であり、新憲法が全面適用されれば、裁判所の人事、議会の解散権などを大統領が掌握します(首相職は廃止)。エルドアン氏の「やりたい放題」となるでしょう。

人と市場は、なぜ独裁を許すのか?

ただしエルドアン氏には、根強い人気もあります。トルコでは、テロとの戦いなどを強いられる中、強力なリーダーを望む人も多いのでしょう。経済でも、2003年に同氏が実権を得た後、国民を苦しめてきた高インフレの制御を成しとげました。また、インフラ整備や外資誘致にも積極的です。

そのような経済政策は、金融市場でも相応に評価されています。よって政治の独裁化といったことは、相場の悪材料とは限りません(一般に、市場は倫理や人権には無頓着です)。実際、通貨リラは、昨年のクーデター未遂後に大きく下落した後、国民投票前後は、比較的安定した動きを見せています。

憂慮される「文明の衝突」

問題は、欧米との関係です。イスラム過激派のテロと戦う上で、また、シリア難民に対処するためにも、欧米とトルコとの連携が欠かせません。しかし、とりわけ欧州は、独裁色を強めるトルコとは距離を置こうとするでしょう。トルコは欧州連合(EU)加盟を望んでいましたが、もはや論外でしょう。

トルコは、欧州と中東・アジアに挟まれた「東西文明の十字路」です。また、イスラム教国でありながら寛容さも備え、イスラム教が他文明と共存できる可能性を示す存在でした。そうした国が独裁政へ後退し、西欧との断絶を深めていくとすれば、文明論的には、北朝鮮問題に劣らず憂慮すべき不幸です。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up