トランプ政権のたどる道

2017/02/22

米国では、権威主義は成功しない

トランプ政権下の米国を覆うムードは「混沌」です。ただ、時代や国が違っても人間の考えは同じようなものです。同政権のたどる道を見通すのは、案外容易かもしれません(日本の経験も参考になります)。

トランプ大統領の大きな特徴は、権威主義的な傾向です。「法よりも人による支配」を好む体制とも言えます。しかしそれが機能するには、統治される国民側の、おとなしく服従する姿勢が必要です。米国でそんな姿勢が浸透するとは思えません。よって権威主義と民主主義の衝突が今後、激化しそうです。

米国では、報道統制もうまくいかない

権威主義的な政権は、意に沿わない言論を排除しようと、ほぼ例外なく報道統制に乗り出します。トランプ氏の最大の敵も、やはりメディアでしょう。先週の記者会見や演説でも、メディア批判全開でした。

しかし米国のメディアは、権力批判や風刺を容赦しません。また、トランプ氏よりは信頼されています。そのためますます意気盛んに政権を批判するでしょう。同氏が任期(4年)満了前に失脚するとしたら、たとえばロシア絡みのスキャンダルが、メディアにより暴露された場合かもしれません。

邪悪な敵は誰か?

権威主義の政権は、「強い指導者」を演出すべく、国外にも「邪悪な敵」を設け対決姿勢を誇示します。

もっともトランプ氏は自由や人権などの価値観よりも、実利を優先します。よって米国は今後、同じく実利優先の日本や中国との間では、(倫理を尊ぶ欧州との間よりも)良い関係を築けるかもしれません。

ただし、厳しい移民制限は続くと予想されます。一旦挫折したイスラム教国からの入国制限令も、形を変えて導入されるでしょう。「反イスラム」は、宗教戦争のような熱狂を喚起できる面があるからです。

成果をアピールするために

また、どの国でも権威主義が権威を保つには、目覚ましい「成果」をアピールしなければなりません。

この点、トランプ氏は、年4%の経済成長率という大胆な目標を掲げています。しかし世界経済の急拡大期は一巡しているため、3%を超える成長率を持続的に達成するのは、ほぼ無理でしょう。

ただ、権威主義の政権は権威失墜を恐れるので、失敗が判明してもそれを認められません。トランプ政権も、目標未達の責任を外部へ転嫁するでしょう。前政権の「失政」、他国の貿易障壁、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ、天候不順などです。また、経済統計の算出方法を変えようとするでしょう。

トランプ政権も株価上昇が生命線に?

ただし米国では、トランプ氏とは距離を置く閣僚や役人、議員が徐々に増えています。このため市場が期待する経済政策は、まとめるのに難航しそうです。議会審議を経て全容が固まるのは夏以降でしょう。

政策運営が混沌とする中、トランプ氏は米国株の上昇をアピールしたいところでしょう。先週の記者会見や演説でも、最近の株高が強調されました。オバマ前大統領はあまり行わなかったことです。株高が政権の生命線となれば、投機が容易になるような規制緩和が目指されるでしょう。よって移民政策の迷走や経済政策の遅れにもかかわらず、米国市場の(やや奇妙な)盛り上がりは、しばらく続きそうです。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up