ソニーはどんな会社になるのか~感動と好奇心の追及

2016/10/15

・誰でもソニーを知っている。有名ブランドであり、エレキ(エレクトロニクス)、エンタメ(エンターテインメント)、金融を事業にしている。この10年をみると、少し前まで業績は低迷し、ソニーらしさはどこにいったのかと問われた。儲からない事業はやめたらどうか、テレビやスマホはどうするのか、と機関投資家に詰問された。

・そのソニーが復活し始め、中期計画も攻めに入ってきた。個人投資家には、どのように訴求するのだろうか。9月の個人投資家説明会に参加してみた。財務・IR担当の村上敦子執行役員の説明は簡明でわかりやすかった。

・前2015年度のソニーの売上高は8.1兆円、営業利益は2942億円、中期3ヶ年計画の1年目としては順調であった。エレキ分野はモバイル、ゲーム、カメラ、テレビ・オーディオ、半導体(イメージセンサー)、部品などの6事業からなる。エンタメ分野は映画と音楽の2事業であり、金融は保険と銀行である。

・これをセグメント別の営業利益でみると、1)モバイル・コミュニケーション-614億円(今2016年度計画50億円)、2)ゲーム&ネットワークサービス887億円(同1350億円)、3)イメ―ジーグ・プロダクツ&ソリューション693億円(同220億円)、4)ホームエンターテインメント&サウンド506億円(同410億円)、5)半導体145億円(同-640億円)、6)コンポーネント-429億円(同-120億円)、7)映画385億円(同380億円)、8)音楽873億円(同630億円)、9)金融1565億円(同1500億円)である。

・金融が最も稼ぎ、次にエンタメがくる。課題であったエレキ分野は、浮上してきたがまだ十分とはいえない。今2106年度をみると、スマホは黒字化してくるが、コンポネートは赤字が縮小するものの黒字化には至らない。熊本地震の影響で主力工場が被災し、強力であるはずの半導体は大幅な赤字となる。コンポ―ネントでは、収益的に厳しい電池事業を売却することにしたので、今後は黒字化してくることは想定できる。

・平井社長のもと、第1次の中期3カ年計画では構造改革に力を入れ、工場の再編や人材のリストラ、事業の取捨選択に取り組んだ。前2015年度からスタートした第2次の中期3ヶ年計画では、①利益の創出と、②成長への投資、に全力を投じている。

・中期計画の考え方は、高収益企業への変革を目指し、1)規模は追わずに収益性を重視、2)事業ユニットの自立と株主視点の重視、3)事業ポートフォリオとして、各事業の位置付けを明確化することにある。

・ソニーは、会社のミッション(使命)として、“感動をもたらし、好奇心を刺激する”ことを追求しつづける。創業者である井深大氏が起草した「会社独立趣意書」を根本理念として、1)創造と挑戦、2)自由闊達にして愉快なる理想工場、3)他社の追随を絶対に許さざる境地、4)いたずらに規模を追わず、を実践する。

・ソニーは創業70年を迎えた。創業者の薫陶がうすれてくると、会社の勢いはなくなってくる。変化への対応力も鈍ってくる。ソニーは過去10年の苦闘を経て、それを取り戻そうとしている。果たしてうまくいくのか。

・今回の3カ年計画の最終年度である来2017年度で、営業利益5000億円以上(2016年度3000億円予想)、ROE10%以上を目標とする。1年目はコンシューマエレキが回復し、テレビも10年ぶりに黒字化した。

・2年目の今期は、熊本地震の影響で半導体を中心に800億円の負担が発生する。また円高も会社全体ではマイナスに働く。それでも営業利益で3000億円を確保できそうである。但し、リチウムイオン電池は村田製作所に売脚するので、特別損失は出てこよう。

・スマホは、今期の販売台数が1900万台(前期2490万台)と減少するが、規模は追わない方針なので、収益性の改善を優先、黒字化を図ろうとしている。

・ゲームのPS(プレステ)4は欧米で人気があり、累計販売台数は4000万台を超えている。PSをネットワークでつないで楽しむPSプラスは、会員が2000万人を突破した。バーチャルリアリティ(VR)で臨場感があふれるPSVRも10月に発売される。ソニーグループのハード・ソフトが活かされており、新規事業としての立ち上げが注目できる。

・電子の目ともいわれるCMOSイメージセンサー(半導体)はシェア45%を有し、トップの競争力を誇る。今期は熊本震災の影響を受けたが、来期には大きく好転してくるものと期待できる。

・長期的な未来への布石としては、1)エレキ、エンタメ、金融を3つの軸として進化させる。2)エレキの場をさらに広げるように取り組む。壁に映せるプロジェクター。4Kを用いた画面がきれいな外科用の内視鏡、かつてのアイボ(イヌ型)・キュリオ(ヒト型)をしのぐAI(人工知能)とロボテックスを組み合わせた新しいヒューマノイドなどが注目される。

・ソニーのおもしろいサービス、楽しいロボットがどんな形で登場してくるのか。創業者精神を受け継いだ新しい事業展開に期待したい。個人投資家説明会では、筆者も質問してみた。ソニーコンピュータサイエンス研究所の社長である北野宏明氏(ソニー執行役員)は、世界トップクラスのヒト型ロボットの開発者であるが、ソニーのロボットはどんなものになるのか。‘それはこれから、ソニーらしさに乞うご期待’という内容であった。ぜひ注目したい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。