うつ病を血液検査で調べる~大学発ベンチャーのユニークなコラボIR

2016/04/18

・昨年12月に(株)慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が設立された。慶大では学内の知的資産を活かして、ベンチャー企業の創造に積極的に取り組み、既に13社の慶大発ベンチャーに投資し、3社が上場を果たした。この動きをさらに加速するように今回KII(出資比率:慶應学術事業会80%、野村ホールディングス20%)を設立した。

・上場3社、ブイキューブ(コード3681、時価総額235億円)、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(同6090、同46億円)、サンバイオ(同4592、同656億円)のうち、HMT(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ)にフォーカスしたIRセミナーが今年2月末に催された。

・慶大は15年前に、山形県鶴岡市に先端生命科学研究所(IAB)を設立した。当時の富塚鶴岡市長の強い要請とその支援に応えて、慶大157年の歴史において初めて首都圏以外にキャンパスを設置した。

・そのリーダーが冨田勝教授(IAB所長、医学博士・工学博士)である。米国で10年研究を続けていたが、42歳の時に鶴岡市に一から研究所を作る役割を担った。

・コラボセミナーの第1部は、冨田教授によるIABの紹介と、そこでいかにHMTが生まれたかの思いを熱く語った。冨田教授は、地方の格下感をなくすことに全力投球した。世界トップクラスの研究を行い、その成果を発信し、一流の人材を育てれば、都市に対抗することが十分できると決意した。

・メタボロームとは、動物や植物が創り出す低分子の化学物質(アミノ酸、脂肪酸、糖など)で、この代謝物質群(メタボローム)を一度にまとめて測定してしまうメタボローム解析技術を開発した。今でいうビックデータの解析である。測定のプロである曽我朋義氏(慶大教授)を外部からスカウトして、二人三脚で世界トップのR&D拠点に作り上げた。

・メタボロームとは2000年に作った造語である、と冨田教授はいう。その5年後に、国際メタボローム学会ができ、第1回の学会は鶴岡市で開かれた。血液のメタボローム解析で肝臓の状態が分かる。血液からうつ病の状況が分かる。唾液のメタボローム解析でがんが分かる。農業では、だだちゃ豆がなぜ美味しいのか、地酒を美味しくするにはどうするのかなど、いろんなことが分かってくる。

・なぜ鶴岡市でそれができたのか。当時の市長の腹がすわっており、市と県が10数年で100億円の投資をしてくれた。それに応えるには成果を活かして仕事を作り出すことしかない。エキサイティングな仕事を作って、人材を集結させた。また、鶴岡市(人口13万人)の1万人の血液をメタボローム解析して観察している。

・唾液については、サリバテックという会社を作った。その代謝マップを作って変化を見る。乳がん、大腸がん、すい臓がんの早期発見が可能になるという。メタジェンという会社では腸内細菌のバランスをとる。そのために、健康な人の便を移植して腸内細菌の調整を行うという。こうした新興ベンチャーが次々と生まれている。

・第2部は、HMTの機関投資家向け会社説明会であった。HMTは2年前に上場した。上場後に株は急騰し、一時5000円台をつけたことがあったが、その後は低迷し、現在は900円前後である。

・HMTはメタボロームに特化し、その解析を行うと同時に、バイオマーカー(診断)の事業を大きく伸ばそうとしている。うつ病にはバイオマーカーがなかった。その診断を定量的行うという点で、うつ病にフォーカスしている。うつ病の患者は国内で100万人、世界で3億人ほどいる。治療薬はあるが、診断を行うには問診しかない。そこでメタボローム解析を通して血液検査を行い、PEAが低いとうつ病である、という独自の知見を応用することにした。

・PEA(リン酸エタノールアミン)は、気分や食欲に関する脳内代謝物質で、これが低下するとうつ病になり、これを上げると完治する。治療から予防へ広げることもできるので、極めて有望である。この特許は日、米、中で申請・取得、シスメックスと共同開発を行っており、2016年度中にR&D用の試薬を出す予定である。

・夢が現実になりつつある。株式市場では、1)発明・発見がすごいとそれだけで理想買いが入る。いわゆる材料株である。次に、2)それが現実のものとなり事業化できるという時点で、将来への期待を膨らます。第3フェーズは、3)それが事業として実際に収益貢献してくる局面である。その収益貢献が想定を上回ってくると、株価は新値をつけてくることにもなる。HMTは、現在第3フェーズの入り口にいるとみることができよう。

・大学発ベンチャーが、ローカルから世界に向けて挑戦している。HMTの菅野社長は、メタボロームで鶴岡に奇跡を起こしたい、と夢を描いている。第1ステップの上場は果たした。第2ステップは、冨田教授がノーベル賞をとることである。そして、第3ステップは、鶴岡市がこの分野の世界的クラスター拠点をなって、ボストンへの直行便が飛ぶようになることであるという。ボストンは世界のR&D拠点であるから、そこと直接結びつくような存在になりたいという意味である。HMTの今後の展開に注目したい。

株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所   株式会社日本ベル投資研究所
日本ベル投資研究所は「リスクマネジメントのできる投資家と企業家の創発」を目指して活動しています。足で稼いだ情報を一工夫して、皆様にお届けします。
本情報は投資家の参考情報の提供を目的として、株式会社日本ベル投資研究所が独自の視点から書いており、投資の推奨、勧誘、助言を与えるものではありません。また、情報の正確性を保証するものでもありません。株式会社日本ベル投資研究所は、利用者が本情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

コラム&レポート Pick Up