海外勢は金融政策の調整を警戒

2018/02/20

▣ 1月は海外勢は公社債を久しぶりに売り越し

日本証券業協会が2月20日に発表した1月の公社債投資家別売買高(除く短期証券)によると、これまで買い越しが続いていた外国人投資家が売り越しに転じました(図表1、2)。1月は日銀が9日に、超長期ゾーンの国債買入れオペ(公開市場操作)を減額したことで、国債などの資産買入れを段階的に縮小していくテーパリング観測が市場に広がりました。外国人投資家の日銀の金融政策変更への警戒感が強かったことが推察されます。一方、都銀は大きく買い越しました。テーパリングへの警戒で国内債の利回りが上昇する中、押し目買いを入れたとみられます。

日銀の金融政策については、国債買入れ額を減らし、長期金利誘導水準を引き上げるなどのイールドカーブ・コントロール(YCC、短期金利に▲0.1%のマイナス金利を適用し10 年物国債金利はゼロ%程度に誘導)の調整に、今年後半にも踏み切るとの見方が広がっていましたが、1月の海外勢と国内勢の動きは対照的でした。

▣ 2月に入り、YCCの調整観測は大きく後退

日銀は、2月2日に利回りを指定し金額無制限で国債を買い入れる(新発10年物国債349回債を0.110%で無制限に買い入れる)指値オペを実施するとともに、「5年超10年以下」のオペの金額を4,100億円から4,500億円に増額しました。

さらに、日銀の総裁、副総裁人事では、黒田総裁の再任とともに、理事として黒田総裁を支え政策立案に関わってきた雨宮氏、金融緩和に積極的な早稲田大学教授の若田部氏を充てる人事案が提示されました。日銀がイールドカーブの上昇を抑制する姿勢を示したことや、日銀執行部のリフレ色が強まる見通しになったことで、早期のYCCの調整観測は後退したとみられます。

▣ 国内債はレンジでの動きの中、押し目買いスタンスか

一時0.095%まで上昇した長期金利は、足元では0.06%程度まで低下してきています(図表3)。「5年超10年以下」のオペの金額を4,100億円に戻すことを考えてもよい水準ですが、為替を含む市場の反応が気になるところ。テーパリングを意識させると、金利上昇、円高進行を招きかねません。

長期金利が0.1%に近づくと押し目買いが広がる一方、テーパリング観測も完全には払しょくされておらず、動きにくい状況が続きそうです。

30年債利回りは昨年6月以来の水準、40年債利回りは昨年1月以来の水準と、超長期ゾーンの利回り低下がやや目立ちます。長期債、超長期債については、押し目買いスタンスで臨むのが無難と言えそうです。

※日本銀行当座預金のうち政策金利残高(民間の銀行が日銀口座に預ける預金残高のうちの一部)に適用する金利

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=9&type=env

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「投資環境」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
内外の投資環境分析を基に、投資に資する情報、見通しなどを、タイムリーにお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up