中国(深圳)取材報告②-「中国の世紀」は悪夢なのか?

2018/07/04

貿易摩擦の行方

米国と中国が脅し合っている貿易制限や投資規制は、本格化すれば世界経済を混乱に陥れかねません。

しかし貿易摩擦がエスカレートする可能性は、高くないでしょう。例えば関税の引上げ合戦によって原材料や商品が値上がりすれば、米国の産業や消費者もダメージを受けます。そうした当然のことを、貿易戦争を仕掛けている米国のトランプ政権や、その熱烈な支持者も認識せざるを得なくなるはずです。トランプ大統領は思想よりも実利を優先するので、自らの政治基盤を損なうことはしたくないでしょう。

「米中最終決戦」も起こらない

最悪のシナリオは、米中二大国の対立が通商問題を超えて軍事的な衝突に発展する、というものです。

しかしそのようなシナリオが実現する可能性は、さらに低いと考えられます。鍵を握るのは相互の国民感情ですが、米国の反中感情や中国の反米感情が顕著に高まる兆しは、特にみられないからです。とりわけ中国では、むしろ米国が好きだという人が多いのです。例えば、富裕層を中心に米国の大学への留学熱は高まる一方です。米国企業の携帯端末や米国のコーヒーチェーンなども、中国で大人気です。

日本と同じ道をたどるのか?

今の米国は、かつてほどの覇権国(経済、政治、軍事などにおいて、他国に対し最大の影響力を振るう国)ではありません。この地政学的な変化が、特にアジアでの中国の覇権強化を促しているのです。

それでも日本では、中国は米国の圧力に敗れスランプに陥る、との見方や願望が漂っています。1980年代後半に全盛期を迎えた日本と同じことになる、というのです。たしかに当時の日本は、世界の中心に躍り出るほどの勢いでした。しかしバブル崩壊後に急失速、長期停滞期に入りました(現在も継続中)。

日本になくて中国にあるもの

しかし当時の日本と現在の中国が置かれた状況では、米国の弱体化に加え、多くの違いがあります。

何より人口1.2億人の日本と13.8億人の中国では、内需(個人消費やインフラ投資)の厚みが違います。よって追加関税で対米輸出が若干減少するだけでは、大きな打撃とならないでしょう。また当時の日本は、1人あたり経済規模で米国を追い越すほどでした(図表1)。これに対し、現在の中国については発展途上の農村部も多く残っているため、まだ米国の7分の1です(ただし、中国の経済規模は過小評価されている可能性あり)。これは、まだ大きな成長余力が残っていることを意味します。実際、成長実感を多くの人が味わっているので、中国に行って直ちに気づくのは、人々の明るい表情や服装です。

「中国の世紀」は悪夢ではない

加えて中国は、地域により文化や気質がかなり異なります。そうした多様性は、柔軟な発想の土壌となります。ただ習近平氏への権限・権威の集中(写真1)は、社会の硬直化をもたらす恐れがあります。しかしそれは、大衆迎合的な策を抑え長期的な視野から政策を推進できる、という側面も持っています。

米国の支配に慣れた人は、中国の強大化を不安に思うでしょう。しかし、米国と比べて中国は異様で危険な国、とは言い切れません。米国のように思想や体制を他国に押しつけることも、ほとんどありません。あるいは日常レベルで言うと、例えば深圳の街や地下鉄(写真2)はニューヨークよりも清潔で安全です。反日感情も全く感じられません。よって日本は、中国の躍進を恐怖する必要などないのです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会