北朝鮮、ハリケーン、米国財政について

2017/09/15

相次ぐ好材料 

今週、金融市場のムードが一旦好転しました。幾つかの好材料を踏まえれば、納得してよい流れです。

まず、北朝鮮をめぐる動きが、(一部を除き)冷静になってきました。国連が今週決めた制裁措置も、石油の全面禁輸を見送るなど、理性的なものにとどまりました。また、中国も制裁に同意したので、米中関係が悪化するリスクも低下しました。一方の北朝鮮も、米国を本気で怒らせる覚悟はないでしょう。

次に、米国南部を襲った二つの巨大ハリケーン「ハービー」と「イルマ」についてです。これらのうち今週上陸した「イルマ」による洪水などの被害規模は、当初予想を大幅に下回りそうだというのです。

さらに、懸念されていた米国の財政麻痺(米国債の債務不履行や政府機能の一部停止)も、当面回避されそうです。3か月の期限付きながら連邦債務の上限が引き上げられ、暫定予算も成立したのです。

求められる「謙虚さ」

近年最大級とも言われた「イルマ」が大惨事に至らなかったのは、予想された進路から外れ、勢力も弱まったためです。結局、予測は当てになりません。良い方向へ予想が外れたのは、単なる幸運です。

ただし、全くなすすべがなかったわけではありません。フロリダ州では、「イルマ」上陸前に約600万人もの住民が避難を指示されました。そうした警戒態勢や周到な準備も、被害の抑制に役立ちました。

なお、ハリケーンと地球温暖化の関係は定かでありません。ただ、これだけの巨大ハリケーンが続くのは、極めて異例です。洪水も世界中で増えています(図表1)。確かなのは、自然界では人知を超えたことが無数に起こるということだけです。トランプ政権にも、環境問題への謙虚な態度が求められます。

失地回復?

とはいえ、迷走するトランプ政権にとって、ハリケーンは失地回復のきっかけとなるかもしれません。

財政麻痺を一旦回避できたのも、ハリケーンの救済基金を確保するという名目があったからです。特記すべきは、その措置がまずトランプ氏と野党・民主党との間で合意されたことです。同氏にも、野党と協調する用意があるということでしょう。これはトランプ政権に関し、かすかな希望を抱かせます。

トランプ氏の政策で意味があるのは、インフラ投資です。そして老朽化した交通施設などの再整備は、民主党も優先しています。よって同氏と民主党が協調すれば、そうした投資が加速するかもしれません。

楽観できるか?

ただし、逆に同氏と共和党の関係が悪化すれば、減税策などは小粒のものしか実現できないでしょう。また、財政問題では3か月後、ハリケーンという言い訳なしに超党派の妥協を図らねばなりません。

ハリケーン被害については、過去の例から言っても(図表2)、米国全体への影響は一時的と見込まれます。ただ、過去との単純な比較はできないので、被害の程度および復興のペースは、不確実です。被災地に限れば、企業活動の途絶やインフラの破壊を通じ、生産や雇用に相応の影響を与えるはずです。

つまり、米国や世界の不確実性はなくなりません。むろん北朝鮮についても、本心は金正恩氏たちしかわかりません。よって、市場心理の改善には理由があるものの、楽観視はできません。投資家など市場参加者に求められるのは、やはり謙虚さです。相場の動きは、自然現象以上に予測が難しいからです。

図表入りのレポートはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up