英国の分断、米国の孤立

2017/06/09

「賭け」が裏目に

英国は、政治と安全の両面で試練に見舞われています。それを印象づけたのが、昨日の総選挙です。

結果は、メイ首相率いる保守党が第1党を維持しつつも、過半数には届かない模様です(定数650議席のうち、316獲得の見込み。改選前330)。これらを受け、ポンドが軟調となっています。

特筆すべきは、ジェレミー・コービン氏を党首とする野党・労働党の躍進です(265獲得の見込み。改選前229)。メイ氏は圧勝を目論んで解散総選挙を決断しましたが、その「賭け」は裏目に出ました。

深まる分断

政局が混乱すれば、ブレグジット(英国の欧州連合(EU)脱退)の行方が一段と不透明になります。

これについては、今月中にEUとの交渉が始まる予定です。しかし保守党内でも、EUとの距離の置き方などで温度差があります。求心力が不安視されるメイ氏が、それらを糾合するのは至難でしょう。

また今回、労働党が健闘したのは、所得再分配や鉄道国有化など、「左寄り」の策が若年層の支持を得たためです。それが表わすのは、年齢や所得水準による分断、並びに反資本主義の風潮です。

テロと戦うには

英国などで非道なテロ攻撃が相次いでいるのも、そういった階層分断と無関係ではなさそうです。過激なテロ思想に染まる人の多くは、何らかの理由で、社会から疎外されたと感じる人であるからです。

テロとの戦いでは、英国人が誇る不屈の精神が示されています。しかしテロの根底に潜む社会問題には、現在、誰も決定的な解決策を提示できません。むろん、武力だけで勝利できる戦いではありません。

さらに、テロ組織は、国境を越えたネットワークを築いています。それに対抗するには、信用し得る国々の主導のもとで、政治・経済における体制の違いを超え、国際的に団結することが欠かせません。

米国はリーダーシップを放棄

ところが、世界のリーダーを自認してきた米国の信用は今、大きく低下しています。それを加速させたのが、トランプ大統領による先週の「パリ協定(気候変動に関する国際的な合意)」離脱宣言です。

たしかに、温暖化をめぐっては一層の研究が求められます。また、米国は直ちに協定から離脱するわけではありません。加えて、多くの米企業や州は、引き続き温暖化防止に向けた取組みを行う方針です。

問題は、米政権が世界の協調機運に水を差したということ自体にあります。パリ協定には、イランや北朝鮮すら署名しています。それは国際的な結束が不可能でないことを表わす、ほぼ唯一の希望でした。

経済は安定しているが、油断は禁物

米国のパリ協定離脱宣言には、日本の政府や主要メディアも厳しい論評を行っています。このようなことは、戦後日本ではめったにありませんでした。それだけを見ても、米国の信用失墜は明らかです。

それでも世界経済は、しばらく拡大するでしょう。金融市場も、パニックには程遠い情勢です。しかし、その背後では戦後最大級の激変が生じているということを、決して見過ごせません。近代資本主義を先導した英国で急進左派が支持を得ているのは、その一つです。そして何より、地球規模の難題に面して各国の連帯がますます急務となる中、冷戦後の世界をリードした米国は、自ら孤立を選んだのです。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up