参院選における「経済政策」という争点

2016/06/30

アベノミクスを問う選挙?

英国は、民主的な手続きによって欧州連合(EU)離脱を選びました。その意思は十分尊重されるべきでしょう。日本の有権者も、7月10日に行われる参議院選挙において、主体的な判断が求められます。

この選挙では、いつの間にか「経済政策」が大きな争点と言われています。「アベノミクスを前進させるか後退させるか」を問う選挙、とのことです。そこで、現在の政策を簡単に点検しておきましょう。

「ニッポン1億総活躍プラン」

さほど話題にならなかったものの、6月初旬、現政権の施策をまとめたものが三つ決定されました。

まず「ニッポン1億総活躍プラン」です。昨年秋、アベノミクス「第2ステージ」が宣言されたときに登場したスローガンです。それ自体は戦争中のスローガンを想起させることもあって、不人気です。

しかし内容は、総じて的確と言えそうです。特に「働き方改革(非正規雇用の待遇改善など)」「保育や介護の充実」といった項目は、日本社会の現況を踏まえた、正しい問題認識に基づいています。

アベノミクスの欠点は、格差を拡大させた点、および、少子高齢化・人口減という根本問題への取組みが不十分な点でした。「ニッポン1億総活躍プラン」は、そうした反省に立っているとも言えるでしょう。

「日本再興戦略」と「骨太の方針」

いわゆる成長戦略としては、「日本再興戦略」がまとめられました。今回は、人工知能(AI)やロボットなどを活用し、生産性を高めようという、「第4次産業革命」が前面に打ち出されています。

第4次産業革命は、すでに米国やドイツが先行しているので、日本が主導権を握れるかどうかはわかりません。とはいえ、人口減少が進む日本でこそ大きな可能性を秘めた、極めて有望な技術革新でしょう。

よって、官民でそれに取り組もうというのは、適切です。なお、「名目国内総生産(GDP)600兆円」という非現実的な目標も残っていますが、これについては、人を驚かせるための題目と見るべきです。

もう一つ、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」も発表されました。内容は盛り沢山ですが、「成長と分配の好循環の実現」などと「(所得の)分配」への配慮が見られるのは、大いに評価できます。

もはや経済政策の違いは少ない

つまり、興奮気味のスローガンとは異なり、現在の施策を個別に見ると、大胆でも異様でもありません。

当然、選挙も意識されているのでしょう。「アベノミクスは大企業重視で弱者に冷たい」というイメージを打ち消そうというわけです。そのため経済政策では、野党との本質的な違いが少なくなっています。

「旧3本の矢」の中心だった日銀の異次元緩和、および、前政権時と比べた円安・株高という「成果」も、ほとんどアピールされなくなりました。政策で市場を操ることはできない、と学んだのでしょう。

要するにアベノミクスについては、「大企業・投資家優先」「異次元緩和(による円安・インフレ)」「金融市場偏重」のどれをとっても、すでに自ら後退させています。「後退させるのか」を問うまでもありません。よって参院選の本来の争点は、特徴が薄れている経済政策でなく、安全保障や憲法改正でしょう。

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=8&type=topics

 

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「トピックス」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融市場の注目材料を取り上げつつ、表面的な現象の底流にある世界経済の構造変化を多角的にとらえ、これを分かりやすく記述します。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up