来週の金融市場見通し(2017年3月6日~2017年3月10日)

2017/03/03

■来週の見通し

トランプ米大統領の議会演説は波乱なく終わりました。具体性は欠いたものの、穏当な姿勢が評価された模様です。他方、ニューヨーク連銀のダドリー総裁、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁の発言を契機に、3月の米利上げ観測が急浮上しています。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、フィッシャー副議長が3月の利上げを示唆すると、一段と利上げを織り込む動きになりそうです。もっとも、10日に米雇用統計、13日ごろにトランプ米大統領による来年度予算のたたき台となる予算教書提出、14-15日には米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えるため、動きにくい相場が続きそうです。

◆株価 : 高値圏で一進一退

トランプ米大統領の議会演説は波乱なく終わりました。内外の株式市場に安心感が広がったことに加え、3月の米利上げ観測が強まったことを受けて、ドル円が上昇したことを好感し、日経平均株価は一時取引時間中としては2015年12月以来の高値をつけました。3日の講演で、イエレンFRB議長、フィッシャー副議長が3月の利上げを示唆すると、ドル高・円安が進行し、国内株は強含む可能性も。ただ、米株が利上げを警戒する動きになると、国内株の上値も重くなりそうです。

株0303

◆長期金利 : レンジでの動きが継続

日銀が国債買入オペについて事前に日程を公表する方針に変更したことから、今後はオペの実施をめぐる混乱は軽減されるとみられます。今後は、買入額の増減で日銀が適切とみている利回り水準を探ることになります。3日の残存期間10年超の国債を対象とした買入オペでは、予想通りの金額が提示され、安心感が広がりました。3月の米利上げ観測が強まっていますが、日銀が国内金利の上昇を抑制する姿勢を示している限り、長期金利の上昇は限定的となりそうです。

債0303

◆為替 : ドル高地合いも上値は限定的か

ドル円は、米金融当局者の3月の利上げに前向きな発言やトランプ米大統領の議会演説が波乱なく終わったことを受け、一時114円半ばまで上昇するなど堅調な動きになりました。イエレンFRB議長、フィッシャー副議長が3月の利上げを示唆すると、ドル高・円安が一段と進行することも想定されます。もっとも、金融市場は3月の米利上げを大方織り込んでおり、上値が限定的となる可能性も。翌週にトランプ大統領の予算教書提出やFOMCを控え、様子見姿勢も広がりそうです。

円0303

来週の注目点

米雇用統計(2月) 3月10日(金)午後10時30分発表

雇用統計では、1月に非農業部門雇用者数が前月比22.7万人増、失業率が4.8%となりました。2月は、それぞれ約17万人増、4.7%と見込まれます。

雇用の拡大基調が続く中、米連邦準備制度理事会(FRB)は、3月14、15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決める、との観測が高まっています。

2月の雇用者数や失業率が上記の見込みに比べ良好な結果となり、かつ、平均賃金の伸びが確認された場合、3月の利上げがほぼ既定路線となりそうです。

辻0303

 

印刷用PDFはこちら

http://www.skam.co.jp/newest_report/contents_type=10

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
しんきん投信「来週の金融市場見通し」   しんきんアセットマネジメント投信株式会社
来週の金融市場の見通し、注目点を、コンパクトにまとめてお伝えします。
<本資料に関してご留意していただきたい事項>
※本資料は、ご投資家の皆さまに投資判断の参考となる情報の提供を目的として、しんきんアセットマネジメント投信株式会社が作成した資料であり、投資勧誘を目的として作成したもの、または、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
※本資料の内容に基づいて取られた行動の結果については、当社は責任を負いません。
※本資料は、信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、当社はその正確性、完全性を保証するものではありません。また、いかなるデータも過去のものであり、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。
※本資料の内容は、当社の見解を示しているに過ぎず、将来の投資成果を保証・示唆するものではありません。記載内容は作成時点のものですので、予告なく変更する場合があります。
※本資料の内容に関する一切の権利は当社にあります。当社の承認無く複製または第三者への開示を行うことを固く禁じます。
※本資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

しんきんアセットマネジメント投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第338号
加入協会/一般社団法人投資信託協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up