南アフリカ、8ヵ月ぶりの利下げ~ランド相場の展望

2018/03/29
  1. 政策金利は0.25%引き下げられ6.5%となりました。インフレの安定を政策に反映させた形です。
  2. SARBはインフレ見通しを下方修正、今後の利上げペースについてより緩やかな見通しとしました。
  3. 通貨ランドの相場は、改革の着実な実行によって、安定した経済が見通せるかどうかがカギになります。

インフレ率の上昇は限定的

南アフリカ準備銀行(以下、SARB)は、26-28日にMPC(金融政策委員会)を開き、政策金利を0.25%引き下げ、6.5%としました。直近ピーク(7%)からは2回目、昨年7月の会合以来8カ月ぶりの利下げです。

今回の利下げについてSARBは、インフレ期待の低下を挙げています。インフレ見通しは、18年は+4.9%と前回会合(1月)から据え置いた一方、19年は+5.4%から+5.2%へ、20年は+5.5%から+5.1%へ下方修正しました。これまでの景気低迷や、18年末近くからのランド相場上昇が影響したと見られます。さらにSARBは、今後の政策金利について、前回会合時点の、19年までに0.75%の利上げとの見通しから、年内は様子見、19年は0.25%、20年は0.5%と、より緩やかなペースに修正しました。

201803291

対外的な信用の改善が課題

ランド相場は、政権交代の期待が高まった17年11月頃から反発が始まり、対円相場は当時の1ランド7.8円程度から、現在は9.0円前後と大幅に上昇しました。ズマ氏からラマポーザ氏への大統領交代で、新政権による構造改革推進に対する期待が高まり、ランド相場反発の原動力になってきました。金融政策よりも政治の影響が大きそうです。

新政権は付加価値税(VAT)率引き上げや歳出抑制によって、対外的な信用の改善を目指しています。3月23日、大手格付け会社ムーディーズはこれを評価し、政府債務格付け(Baa3、投資適格級の最低)の見通しをネガティブ(今後1~2年で格下げの可能性あり)から安定的に引き上げました。これはランド相場にとってプラスです。ただし、SARBは改革の実行と成果が重要とし、ランド相場のさらなる上昇には慎重です。当面は小動きの展開になると見込まれます。

201803292

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会