欧州不動産市場の動きと今後のREIT市場の展望

2017/04/18
  1. 欧州の不動産市場は、おおむね安定した経済成長を続ける中で拡大を続けると期待されます。
  2. 不動産の賃料は、セクターや立地、国によって差が出てきていますが、全体的には底堅い展開です。
  3. REIT市場は金利上昇が嫌気されたものの、順調な景気回復を受けて持ち直すことも期待されます。

+1~2%の安定成長の中、大都市中心に好調持続

欧州の不動産市場は、債務危機を克服した13年半ば以降、景気が回復する中で好調です。17、18年の欧州主要3カ国(フランス、イギリス、ドイツ)は、+1~2%の比較的安定した経済成長を続け、不動産市場も拡大を続けると期待されます。

不動産調査会社のCBRE社によると、不動産の賃料は、17年はオフィス、優良商業施設、工場、倉庫など、セクターによって違いはあるものの、1~3%伸びると予想されています。主要国での選挙を控えて政治的な不透明感があり、立地条件でも差が出やすくなっています。国別にはEU(欧州連合)離脱を控えた英国でやや伸び悩む一方、ドイツはそれを吸収する形でオフィス、工場、倉庫を中心に好調、フランスもオフィス中心に底堅いと見込まれています。パリ、ロンドン、フランクフルトなど中核都市の賃料は国にかかわらず堅調で、オフィス、優良商業施設で上昇が目立ちます。

201704181

順調な景気回復傾向でREITは持ち直しも

欧州のREIT市場は16年後半以降、米国を中心に長短金利が上昇局面になる中で、株価に対してやや劣後している状況です。また、国別にはEU離脱を決めた英国がフランス、ドイツに対して下回る展開ですが足元では戻しています。しかし、欧州の景気は予想よりも順調に回復しており、金利上昇を嫌って下げた分、相対的に持ち直す余地が出てきているのではないかと思われます。

201704182

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up