中国主導の「一帯一路」と「AIIB」を結ぶもの

2015/03/27

今週3月26日から29日の4日間、中国の海南省で「ボアオ・アジア・フォーラム」というイベントが開催されています。このイベント自体はあまり重要ではなく、日本国内での報道も少ない状況ですが、一部の中国ウォッチャーにとっては要注目となっています。その理由は、「中国の中長期的な経済・外交戦略構想の詳細が発表されるのではないか」という観測があるからです。

この中国が描く経済・外交政策構想のキーワードは「一帯一路」と呼ばれています。一帯一路という言葉は2013年ごろから登場しはじめ、最近では、全人代やAPECなど国内外を問わず、中国政府が絡む大きなイベントがあるたびにニュース等で耳にするようになりました。

一帯一路を一言でまとめると、「現代版のシルクロードを作ろう」というものです。一帯は「陸」のルート、一路は「海」のルートを指します。中国と欧州、そして中央アジア、東南アジア、西アジア、太平洋地域の諸国を結ぶ経済圏を築いて、共に繁栄していこうという内容です。

中国の歴史を振り返れば、前漢時代の張騫の西域派遣団から始まったシルクロード交易路の開拓、明の時代の鄭和が行った7 度にわたる大航海などが思い出されますが、一帯一路がカバーする範囲は、世界の人口の63%、GDPの29%を占める壮大な構想です。

また、この構想を進めることで、道路や鉄道、建設、海運、物流、エネルギー、通信、金融など、恩恵を受けると思われる業種は幅広く、中国が抱えている問題(内陸部の発展途上、過剰設備、過剰在庫、内需不足、資源の確保、国家の安全保障の強化など)の多くが解決につながるメリットと思惑があります。

その一方で、構想自体が中国主体による周辺国へのインフラ輸出、経済援助をねらいとしていることから、覇権国家中国への警戒感がないわけではありません。特に海ルートでは、南沙諸島をめぐる領有権問題などもあり、一筋縄ではいかない面もあります。

中国主導といえば、AIIB(アジア・インフラ銀行)をめぐっての報道が多く見られるようになりました。去る3月12日に英国がG7の中でいち早く参加に名乗りを挙げ、他の国々も参加を表明する中、日本は参加すべきかどうかといった議論が持ち上がっています。「中国主導によるAIIBは日米が主導権を握っているADB(アジア開発銀行)への挑戦」という構図で捉えられることが多い中、現代版シルクロード構想とAIIBが今後どのように進捗するのかは不透明ではあるものの、その背景には中国が抱えている問題の多さと深刻さが透けて見える気がします。

楽天証券株式会社
コラム   楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所 土信田 雅之が、マクロの視点で国内外の市況を解説。着目すべきチャートの動きや経済イベントなど、さまざまな観点からマーケットを分析いたします。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:
  日本証券業協会
  一般社団法人金融先物取引業協会
  日本商品先物取引協会
  一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  一般社団法人日本投資顧問業協会

コラム&レポート Pick Up