メドピア<6095> 16 年 9 月期決算は減収減益だが下期は回復傾向、今期は増収増益を見込む

2016/11/25

医師による情報共有サイト「MedPeer」を運営
16 年 9 月期決算は減収減益だが下期は回復傾向、今期は増収増益を見込む

業種: サービス業
アナリスト:佐々木 加奈

◆ 事業内容
・メドピア(以下、同社)は、医療現場で働く医師が情報を共有するインタ ーネットメディア「MedPeer(メドピア)」を運営している。「MedPeer」を通じ て、製薬企業等を顧客とする「医師集合知サービス」及び人材紹介会社 等を顧客とする「医師求人情報サービス」を展開している。

◆ 16 年 9 月期決算の概要
・16/9期の売上高は973百万円、営業利益は同57百万円であった。同社 は 16/9 期から連結決算に移行しており、15/9 期の単体決算数値との比 較では売上高が前期比 6.4%減、営業利益が同 57.7%減であった。減収 減益となった主因は、上期における一部製薬会社からの受注減少と、人 材獲得に関する費用の増加である。

◆ 17 年 9 月期の業績予想
・17/9 期の会社計画は、売上高を前期比120.8%増の2,150 百万円、営業 利益を同 73.2%増の 100 百万円と見込んでいる。今期はメドピア単体の 売上増に加え 17/9 期から子会社 Mediplat の損益が反映されることと、フ ィッツプラスが新たに連結対象となることにより大幅増収を計画している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)の 17/9 期業績予想は会社計 画と同水準である。引き続き人材強化に伴う費用増が見込まれるものの、 「医師集合知サービス」における広告収入の回復による増収で吸収でき ると予想する。

◆ 事業戦略と中期業績見通し
・既存事業の成長の源泉となるのが、会員数の拡大と会員資産の活用で ある。同社の会員は 15/9 期に 10 万人を突破しており、今後はこの会 員資産を活用して「医師集合知サービス」の拡大を図っていく方針 である。また、周辺ビジネスも積極的に拡大する考えを持っており、子 会社による事業領域拡大を進めている。
・当センターでは上記の施策により、18/9 期以降も増収増益が続くと予想 している。


  >>続きはこちら(1.89 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up