アライドアーキテ<6081> 16 年 12 月期は SNS 広告関連事業と海外子会社の伸長で黒字転換の見通し

2016/03/11

Facebook や Twitter などの SNS を広告媒体に顧客企業のマーケティングを支援
16 年 12 月期は SNS 広告関連事業と海外子会社の伸長で黒字転換の見通し

業種:サービス業
アナリスト:馬目  俊一郎

◆ SNS ユーザーをターゲットに顧客企業のマーケティングを支援
・アライドアーキテクツ(以下、同社)は、自社サイトや Facebook などの SNSを媒体に、顧客企業のマーケティング活動をサポートしている。
・15/12 期は Facebook のポリシー変更で SNS プロモーション事業が苦戦するなか、新規事業の SNS 広告関連事業と海外子会社が順調に立ち上がった。16/12 期は新規事業の寄与で黒字転換が見込まれる。

◆ 15 年 12 月期は Facebook のポリシー変更と投資先行で営業赤字
・15/12 期決算は売上高が前期比 19.4%増の 2,583 百万円、営業損失 345百万円(前期は営業利益 220 百万円)であった。
・売上面では Facebook のポリシー変更で SNS プロモーション事業が苦戦したが、新規事業の SNS 広告関連事業と海外子会社の伸長で過去最高を記録した。他方、利益面ではセールスミックスの悪化で売上総利益率が低下したうえ、先行投資負担で営業赤字に陥った。

◆ 16 年 12 月期の会社計画は営業利益 223 百万円を見込む
・16/12 期の会社計画は売上高が前期比 37.0%増の 3,540 百万円、営業利益 223 百万円(前期は営業損失 345 百万円)としている。SNS 広告関連事業と海外子会社の伸長に加え SNS プロモーション事業の回復を見込んでいる。

◆ 証券リサーチセンターは従来予想を増額修正
・証券リサーチセンターは SNS 広告関連事業と海外子会社の寄与を見込み、16/12 期は売上高 2,800 百万円→3,500 百万円(前期比 35.5%増)、営業利益 0 百万円→100 百万円に増額修正した。

 

  >>続きはこちら(0.98 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up