MRT<6034> 医師視点での医局業務への知見により非常勤医師紹介に強み

2015/07/01

医師紹介のウェブサービスを展開
医師視点での医局業務への知見により非常勤医師紹介に強み

 

業種:サービス業
アナリスト:藤野敬太

1.会社の概要
・MRT(以下、同社)は、非常勤医師紹介を中心とした医師紹介のウェブサービスを展開している。大学病院の医局の医師派遣機能の低下が指摘される中で、医局の機能を補完する役割を担う格好で成長を続けてきた。

2.財務面の分析
・10/3 期~15/3 期は 5 期連続の増収で、売上高は年平均 14.9%の成長率で拡大してきた。ただ、増員と個人情報流出対応のためにコストがかさんだ 14/3 期は大幅減益を経験した。
・他社との財務指標との比較では、収益性や成長性において、特段優位にあるものは見当たらない。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、医局をはじめとする医療現場の業務プロセスに対する深い理解にあり、その結果、非常勤医師紹介の分野においては高い参入障壁を築いている。

4.経営戦略の分析
・既存の事業の成長のためには会員拡大が必須であり、そのためにも全国への展開を本格化していく計画である。16/3 期には全国 3 拠点体制とし、1 都 3 県以外での知名度の上昇を目指す。
・新規事業を通じて医療・ヘルスケア情報プラットフォームの運営へ昇華することを志向している。

5.アナリストの評価
・現在の約 16,000 人の会員登録数は倍くらいまで伸ばす余地があり、現在のビジネスモデルのままでも成長の持続は可能であろう。
・既に医師や医療機関に一定の会員を抱えていることから、会員資産を活用して既存事業以外のサービスメニューを追加していくという同社の考え方は合理的である。ただし、投資家の期待との整合性をとることが求められよう。

 

 >>続きはこちら(1.97 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up