桧家ホールディングス(1413)の通期決算は、「Z空調」の発売で受注が好調、桧家住宅、パパまるハウスは受注高2ケタ増となり増収増益で着地

2018/03/12



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2018年2月22日
代表取締役社長 近藤 昭氏

◎決算概要
・売上は前期比12.7%増の1,050億円、営業利益は3%増の62.8億円
・全セグメントで増収を達成
・不動産事業の業容拡大により販売用不動産が31億円(+25.9%)増加
・総額100億円の長期運転資金調達により有利子負債が増加
・当社及び日本アクアの自己株取得により純資産は減少

 

◎セグメント別概況
▽注文住宅事業
・「Z空調」の発売で受注が好調、桧家住宅、パパまるハウスは受注高2ケタ増
・セグメント全体の販売棟数は前期比約5%増加
・パパまるハウスは売上、棟数ともに20%超成長
・広告宣伝費、展示場新規出展等のコスト増も増収による利益増加で吸収
▽不動産事業
・フュージョン資産マネジメントの収益物件販売、桧家住宅各社の戸建分譲住宅、土地販売が好調に推移
・フュージョン資産マネジメント:収益物件販売が124%増加
・桧家住宅:Z空調体感モデルハウス積極展開、土地の無い顧客向け仲介、販売強化で58%増加
・増収により利益も大幅増加
▽断熱材事業
・建築物部門の受注が回復、戸建部門も順調に推移
・認定施工店数増加による機械販売等が好調に推移
・ウレタン原料の一部が世界的な供給不足により高騰、粗利率2%減
▽リフォーム事業
・注文住宅オーナーに対する外構工事、リフォーム売上が増加
・増収による粗利益の増加
▽介護保育事業
・介護は平成28年下期に開設した施設の売上が寄与
・保育は平成28年、29年に新規開設、受託した施設の売上が寄与
・子会社株式取得関連費用の発生、保育士の処遇改善実施に伴う人件費の増加により減益

 

◎2018年12月期業績見通し
・売上は前年比12.4%増の1,180億円、営業利益は8.2%増の68億円を予想
・「Z空調」の投入による受注増加(2017/12受注残高も7%増)、パパまるハウスのエリア拡大見込み
・収益物件販売は投資ニーズが引続き堅調に推移する見通し、注文住宅各社の戸建分譲住宅販売を促進予定
・ゼネコンからの大型物件、オリンピック関連の受注が増加予定、上期はウレタン原料価格高騰により原価率が上昇、下期から回復する見込み
・1株当たり配当金は、中間配当は45円、年間配当は90円(前期比10円増配)、配当性向は29.8%を予想

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up