日本取引所グループ(8697)の第二次中期経営計画

2016/03/28



btn03_hvdbtn01_hvd

説明会開催日:2016年3月23日
取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭氏

◎第一次中期経営計画の振返り(2013年度-2015年度)
▽経営財務目標の達成状況
・目標として掲げた統合シナジーによる「営業費用85億円削減」を達成
・営業収益、当期利益についても当初目標数値を大きく上回る

 

◎第二次中期経営計画(2016年度-2018年度)
▽統合の成功を基礎に市場の持続的な発展に向けた投資を強化
・事業部門間の連携・相互補完を通じたJPX市場の発展
・市場運営の安定性の確保に向けた事業ポートフォリオの多様化

▽事業ポートフォリオの多角化の推進
・中長期的目線で経営資源を戦略的投資へ積極的に充当、営業収益上積み150億円を目指す
・清算・決済分野のサービス拡大、指数・情報ビジネスの発展、新たなビジネス領域への進出
・デリバティブ商品の多様化、多様な機関投資家の誘致
・魅力ある投資商品の上場、コーポレートガバナンスの実効性向上、リスクマネーの安定的な供給
・3か年合計設備投資総額460億円程度を計画

 

◎重点的な取組み
▽投資者の多様な投資ニーズを充たすとともに、中長期的な資産形成を活性化する

▽上場会社の価値向上を支える

▽市場基盤の強化により社会の期待に応える

▽取引所ビジネスの新たな地平を開拓する

 

◎経営財務方針
・営業収益+150億円(+13%程度)
・当期利益+80億円(+20%程度)
・市場の持続的な発展を支えるべく、財務の安全性と株主還元のバランスをとりつつ、積極的な成長投資に伴う収益・利益の拡大及び安定性向上を図る

 


 

株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up