栄光ホールディングス (6053 東証二部)

2015/02/23

上場する学習塾では売上高トップ、総合力が強み
15 年 3 月期の期中平均生徒数は前年同期を下回る水準で推移

業種:サービス業
アナリスト:松尾 十作

◆ 上場学習塾のなかでは売上高トップ
・栄光ホールディングス(以下、同社)は、学習塾の「栄光ゼミナール」や語 学教室「シェーン英会話」を中心に事業を展開している。上場する学習 塾のなかでは売上高トップである。

◆ 15 年 3 月期第 2 四半期は売上高横ばい、営業利益 10%減益
・15/3 期第 2 四半期累計決算は、前年同期比 0.5%増収、10.2%営業減益 であった。同社の期初予想業績に対する達成率は、売上高で 99.0%、営 業利益で 93.7%であった。
・14/3 期決算時に 2 社を連結対象としたことで増収を確保した模様だが、 利益面は学習塾部門の広告宣伝及び販売促進活動を強化するなどの 費用増等が影響した。

◆ 証券リサーチセンターは 15 年 3 月期の営業利益予想を下方修正
・15/3 期について同社は、期初予想を据え置き、前期比 2.0%増収、0.7% 営業増益を見込んでいる。期中平均生徒数も学習塾部門で 14/3 期並み (69,542 名)、語学教育部門は前期比数%増との想定を継続している。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)は、売上高は 42,000 百万円 (前期比 0.3%減)と従来予想通りだが、営業利益予想を 4,100 百万円か ら 4,000 百万円(同 6.6%減)へと減額した。期中平均生徒数の予想を、 学習塾部門で 68,500 名から 67,200 名(同 3.4%減)、語学教育部門は 21,500 名から 21,100 名(同 3.8%増)へと下方修正したことが主な理由で ある。

◆ 投資に際しての留意点
・1 株当たり配当金は、14/3 期では業績が好調であったことから 13/3 期比 1 円増の年 25 円配を実施した。15/3 期について同社は 1 株当たり 14/3 期比 1 円増の年 26 円配を計画している。当センターも 1 株当たり年 26 円配と予想する。

>>続きはこちら(884KB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。