最終的に結果が良くなるようなアイデアや気付き

2022/06/15

こんにちは、石田です。

ものすごい雨が降っています。

各地でも被害が報告されていて
梅雨の後半に降るような雨らしいのですが、
専門家の方が

「例年よりも前倒しで・・・。」

みたいな話をされていました。

本当にただの前倒しなら問題ありませんが、
これが頻繁に続くようだと土壌雨量指数が高まり
土砂災害も増えるでしょうね。

注意が必要です。

=====

今日は

「結果を一瞬にして変える裏ワザ」

についてお話ししようと思います。

先日、知り合いの「投資家」に会いました。

彼の専門は「マーケット」ではなく「ビジネス」です。

手法はいくつかあるのですが、
主だったものは

その企業の経営に参加することを条件に
資本を投下し、企業の結果を変えて報酬を得る。

まぁ、簡単に言うとこんな感じです。

その投資家がその時に言っていたのは

「新しく参画した企業には意識的に風を吹かせる。
 あるテーマに対して、まったく反対から
 アプローチすることによって、その会社に
 新たなアイデアや気付きが生まれ、良い結果につながる」

という事。

これはまさに私がトレードコーチングの場面でお話しする

「マーケットでの投資の結果を一瞬にして変える裏技と同じ」

だと思いました。

通常、会社の経営陣も一個人の投資家(トレーダー)も

「居心地の良さから、慣れ親しんだ自分のスタイルを意識的に崩すこと」

に抵抗があります。

結果がよい場合はスタイルを崩す必要はありませんが、

頭が凝り固まっているために

結果が悪くても

「簡単にスタイルは変えられないと思い込んでいる」

から、

「そもそも取り組もうともしない」

つまり、

「意識的に反対からのアプローチを行わない」

ということです。

これからお話しすることを事前に意識しておくことによって、
柔軟な考えが持てるようになり、
成功にいち早く近づけることをお約束しておきます。

あるテーマに対して、

まったく逆の角度からのアプローチは、
新たなアイデアを生み、それが良い結果を導くことは多いのです。

なぜなら

「結果には良いか悪いか2つにひとつしかありません。」

その結果をもたらすものも、多くの場合、

「相反する考えや行動が該当する場合が多い」

のです。

負ける投資家が買っているまさにその場面で
勝てる投資家は売っている。

つまり、結果を良くしようと思えば・・・・。

「押しても駄目なら引いてみな」

「意識的に逆の行動を起こす」

を実行する!ということですね。

具体的にどうすればよいか?

もう少し掘り下げてお話ししましょう。

前出の「投資家」の方のように

「アイデアや気付きありきの応用スタイル」

が実践向きだと思います。

あるテーマに対して、普段とは

・まったく反対

もしくは

・異なるアプローチ

をして

「最終的に結果が良くなるようなアイデアや気付き」

を得ればよいわけですから、
これなら簡単に実行できると思います。

これは私も実践済みですが、
システムトレードであっても裁量トレードであっても、
すべてのトレードスタイルに通じる概念ですから注目してくださいね。

自分のトレードスタイルの肝になっている部分を

「相反する形にするとどうなるか?」

を考えればよいわけです。

例えば

普段チャートでトレード判断をしているのであれば・・・。
   ↓
4本値や値板など、数字形のもので売買判断する方法がないかを考える。

普段、時間足を利用しているのであれば・・・・。
   ↓
日足や週足など、まったく大きさの違うタイムフレームで
トレードするにはどうしたらよいかを考える。

普段、国内のトレンドで売買判断をしているのであれば・・・。
   ↓
海外マーケットのトレンドを参考にする。

普段、長期的なポジションを仕込み、
あまり損切りをしないのであれば・・・。
   ↓
トレードのスタイルに「損切り」を積極的に取り入れる。

etc・・・。

と、こんな感じでしょうか。

「あっ!そうか!」

という気付きが生まれ、

「じゃあ、こうすれば良いんじゃないかな?」

というアイデアが生まれてきます。

これは、実践して初めて気付きがありますので、

「とにかく実践する!」

ことが大切です。

やる前から、
あーだ、こーだと考えても何も始まりません。

自分が現在トレードで負け続けているのであれば、

「逆のアプローチを行うことが、一番の近道です!」

興味があれば、ぜひ試してみてくださいね。

それではまた!


 

この他にも投資で勝つには知っておくべきことがあります。

それは、「負ける投資家の共通点」です。この共通点を知らないと本当は勝てていた売買も損切りで終わってしまいます。

なぜ損をする投資家がいる一方で、毎月勝ち続ける投資家がいるのか?

この疑問の答えを「負け組投資家 4つの共通点」としてまとめました。

以下のページから確認してください。

負け組投資家 4つの共通点

 

石田信一

 

 

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ