リスク管理のポイント

2021/02/28

こんにちは、石田です。

リスク管理のポイントは「事前にどこまで『想定外の事象』を組み込めるか?」だと言えます。

ただ、その組み込み方を考えないと想定外のことを入れすぎてしまうことで「とにかくガチガチに固めすぎて身動きが取れなくなる」ので、このバランスのとり方が難しいといえます。

バランスの取れた適切なリスク管理は難しいように感じると思いますが、実は適切なリスク管理を行う良い方法があります。

それは「ある2つの質問」を自分に投げかける、という方法です。

この2つの質問はアメリカの大富豪が使っている「とても質の高い質問」で、「どのような分野でも使える質問」です。

当然、皆さんが普段から行っているトレードでも応用が利くということですね。

1つ目の質問が「最悪なことが起こるとすればそれは何か?」です。

何かしらの分野でこれから起こす行動(おこる可能性のある事象)に対してこの質問に答えます。

例えば、自然災害等であれば、最悪なこととして「マグニチュード9クラスの地震に見舞われる」「台風が直撃して家の前の川が氾濫する」とか。

目先のトレードであれば「エントリーした直後に逆行する」「今持っている含み益のポジションが、明日の朝起きたら大きな含み損を抱えている」とか。

このような最悪なことが起きたとして、2つ目の質問です。

それが「その最悪なことが起きた場合に自分は対処できるのか?」という質問です。

この時に「対処できる」という回答であれば問題なし、もしくは何らかの行動を起こしても良し。となります。

逆に「対処できない」という回答であれば「そもそもその行動を起こさない」もしくは「未然に防ぐ、対処できる状態を作る」となります。

この2つの質問を普段から「習慣的に使う」だけで、「かなり精度の高いバランスの取れたリスク管理ができる」ようになります。

ちなみに私は「対処できない」という回答になった場合に「未然に防ぐためにはどうしたらよいか?」「対処できる状態を作るにはどうしたらよいか?」という「第3の質問」を意識的に続けて使うようにしています。

これらの質問は先ほどもお伝えしたように「分野問わず」ですから、仕事やプライベート、様々な場面で応用できます。

ぜひ使ってみてください。

 

それではまた!

 

石田信一

 

PS.リスク管理には損切りが必ずついてきます。

損切りについての考え方を話しているのでぜひご覧ください。

↓↓↓

【株初心者向け】利益確定と損切りのルールを決める

アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
石田信一「1日10分の投資術」   アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社
安定して勝ち続けるために必要な相場・トレードの本質を解説します。「トレードで勝ち続けるための原則」「資産運用主体の自由な人生の送り方」「複数の収入源構築方法」など公開していきます。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本情報に基づいて行われる判断について、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、アイフィス・インベストメント・マネジメント株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ