バリューコマース(2491)「金融」及び「旅行」とショッピング

2014/02/21

アフィリエイトマーケティングを展開するバリューコマースは、Eコマース市場の拡大と共に中長期的な利益成長を続ける見通しである。短期的な損益動向においても、同社は、Eコマース市場の拡大を上回るペースでの拡大傾向を示している。これには、「金融」及び「旅行」からの広告出稿の拡大が大きく寄与している。一方、今後に向けては、ショッピング関連分野へのエクスポージャーが増加していく方向性にある模様である。2013年12月期第4四半期の動向においては、その方向性が示唆され始めている。例えば、「ショッピング・オークション」からの広告出稿が大きな拡大を示している。

PDF版レポートの閲覧はこちら

株式会社ウォールデンリサーチジャパン
Walden Research Japan   株式会社ウォールデンリサーチジャパン
ウォールデンリサーチジャパンは、国内株式市場に上場している事業会社の「企業レポート」を作成・配信しています。弊社ホームページ(www.walden.co.jp)にて、弊社が作成したすべてのレポートの最新版を閲覧していただけます。
ここでの情報は、ウォールデンリサーチジャパンが当該事業会社の発信する「IR情報」を中立的かつ専門的な立場から要約して、レポート形式にまとめたものである。「IR情報」とは、すなわち当該事業会社に係る①弊社との個別取材の内容、②機関投資家向け説明会の内容、③適時開示情報、④ホームページの内容等である。

コラム&レポート Pick Up