トレードワークス<3997> 課題は人材の確保

2017/12/05

証券、FX、商品先物業界向けにシステム開発やセキュリティ診断を行う
課題は人材の確保

業種:情報・通信業
アナリスト:髙木 伸行

◆ 主要事業は証券業界向けシステム開発

トレードワークス(以下、同社)は、証券システム開発事業とそれに付帯する FX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業を行って いる。証券システム開発事業及びこれらの付帯業務の単一セグメントだが、 提供するサービスの内容により、売上高を「証券システム事業」、「FX システ ム事業」、「セキュリティ診断事業」に区分して開示している(図表 1)。

証券システム事業は売上高の9割弱を占めている。証券会社や金融情報シ ステムサービス会社向けのシステムの開発・保守・運用を行っている。主な製品やサービスとしては、投資家向けインターネット証券取引システム 「Trade Agent」、証券会社の自己売買取引業務をサポートする高機能ディ ーリングシステム「Athena」、証券会社が株式などの売買注文を取引所に発 注する際に利用する証券取所売買端末「Mars Web」、不公正取引監視シス テム「MTS」が挙げられる

FX システム事業としては FX 会社向けのシステムの開発・保守・運用を行っ ている。主な製品としては FX 会社の顧客向けの取引システムである 「TRAdING STUDIO」がある。

セキュリティ診断事業では、ソフトウエアやネットワークの脆弱性による、個人 情報の漏えいやクラッカーと呼ばれる第三者からのシステムへの不正アクセ スの危険性を診断している。

販売先は特定の証券会社に偏る傾向がある(図表 2)。15/12 期、16/12 期、 17/12 期第 2 四半期累計期間は、カブドットコム証券(8703 東証一部)向け が売上高の半分程度を占めている。

>>続きはこちら(850 KB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up