リアルワールド<3691> 17 年 9 月期はシステムや人材に関する費用の増加により営業減益となる会社計画

2016/12/02

ポイントを活用したクラウド事業を中心に展開しており、総会員数は 1,000 万人超
17 年 9 月期はシステムや人材に関する費用の増加により営業減益となる会社計画

業種: 情報・通信業
アナリスト:佐々木 加奈

◆ 事業内容
・リアルワールド(以下、同社)は、ポイントを活用したクラウド事業及びフィ ンテック事業を手掛けている。
・主力のクラウド事業は、運営するサイトに登録する会員が、同社サービ スにおいて行ったアクションにより同社グループが収益を獲得し、その 一部を会員に還元するという事業モデルである。クラウドメディアサービ スとクラウドソーシングサービスの 2 つで構成されている。

◆ 16 年 9 月期決算の概要
・16/9期の売上高は前期比27.1%増の4,601百万円、営業利益は前期の 約 3 倍となる 202 百万円であった。クラウドソーシングサービスの売上高 が前期比 51.8%増と大きく伸び業績拡大につながった。尚、営業利益 の伸び率が高い背景には、9 月に実施した過年度決算訂正の影響も ある。過年度決算の訂正に伴う特別損失を計上したため、当期純利益 は 91 百万円の赤字となった。

◆ 17 年 9 月期の業績予想
・17/9期の会社計画は売上高が前期比13.0%増の5,200百万円、営業利 益が同 26.0%減の 150 百万円を見込んでいる。今期はクラウドソーシン グサービスの拡大により二桁増収となる一方、システムや人材への投資 を積極化することにより減益となる見通しである。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)の 17/9 期業績予想は会社計 画と同水準である。

◆ 事業戦略と中期業績見通し
・同社では、クラウドメディアサービスとクラウドソーシングサービスの一層 の融合を図り、中期的な成長を図ることを戦略として掲げている。現在 は、サービス・ブランド統合による運営効率化などに取り組んでおり、「ラ イフマイル」の統合は完了している。
・クラウドソーシング事業の中期的な拡大余地は大きく、今後の業績の牽 引役になると当センターでは考えており、18/9 期に増益に転じると予想 している。

 

  >>続きはこちら(1.94 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up