メキシコの金融政策(5月)について

2020/05/15
  1. 政策金利は0.5%引き下げの5.5%となりました。景気後退によるインフレ圧力低下に対応しました。
  2. 実質金利はまだ高く、まだ利下げ余地があるといえます。政府側からもそのような発言がありました。
  3. ペソは安値圏で推移していますが、景気対策効果と米国の経済活動再開の影響が追い風と見ています。

追加利下げの公算大

メキシコ銀行(以下、中銀)は5月14日に定例理事会を実施し、政策金利の翌日物金利を6.0%から5.5%に引き下げました。利下げは7会合連続です。原油急落の影響で4月のCPIが前年同月比+2.2%へ大幅に鈍化し、インフレ目標の中心(+3%)を大きく下回りました。コア指数は同+3.5%と緩やかな低下にとどまりましたが、景気後退に伴い、サービス品目を中心に今後鈍化してくる公算が大きく、インフレ圧力が低下していることに対応する形となりました。

メキシコ経済は、2019年からの景気後退傾向が、経済活動抑制で拍車が掛かってしまい、非常に厳しい状況にあります。中銀はこうした状況を受け、さらなる緩和も辞さない構えです。政府側からもエレラ財務公債相が、利下げ余地があると発言しています。実際、政策金利はインフレ率を3%以上上回っています。ブラジルと南アフリカがほぼインフレ率と同水準、インド、トルコがインフレ率を下回っているなど、他の新興国との比較では高い状態といえ、追加利下げの公算が大きいと見込まれます。

ペソの投資環境は改善へ

メキシコペソ(以下、ペソ)相場は、2月から3月にかけて急落した後、安値圏で神経質なもみ合い状態となっています。ペソは、急落以前は、新興国通貨の中では底堅かったので、その分下落も大きくなったと見られます。

政府が5月18日から経済活動を再開し、工場の再稼働を進めていくと表明しました。経済関係の深い米国でも経済活動再開の動きが出ていることから、この流れが本格化してくると、景気回復の道筋が鮮明に見えてきます。また、諸外国に比べやや規模が見劣りするものの、景気対策の効果も、経済活動再開と共に顕在化してくると見込まれます。利下げ余地があることと合わせると、景気は年後半にかけて回復に転じる可能性が高いと予想され、ペソに投資しやすい環境になってくると考えられます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ