じげん<3679> 17 年 3 月期上期決算は大幅な増収増益。中期的にも高成長が継続する見通し

2017/02/06

求人や不動産など複数の情報メディアを一括検索できる統合型サイトを運営
17 年 3 月期上期決算は大幅な増収増益。中期的にも高成長が継続する見通し

業種:サービス業
アナリスト:柴田 郁夫

◆ 生活に関わる複数の情報メディアの統合型サイトを運営
・じげん(以下、同社)は、求人や住まい、自動車、旅行など、生活に関 わる複数の情報メディアの一括検索及び一括応募等が可能な統合型 サイトを軸とするライフメディアプラットフォーム事業を主力としている。
・世の中に分散された情報とユーザーをつなぐことにより、顧客である情 報メディアに対しては効率的な集客方法を提供する一方、ユーザーか らは利便性が高く支持されたことで高い成長性を実現してきた。
・最近では、M&A などによる垂直統合(自前メディアの運営等)や周辺 分野(メディア以外の事業等)への進出にも取り組んでいる。

◆ 17 年 3 月期上期決算は大幅な増収増益
・17/3 期第 2 四半期累計期間(以下、上期)決算は、売上高 3,271 百万 円(前年同期比50.9%増)、営業利益1,024百万円(同41.4%増)となっ た。
・大幅増収増益の要因として、好調な外部環境や垂直統合の進展により、 求人領域が順調に拡大したことや、不動産領域でのM&Aや既存事業 の伸びが挙げられる。生活領域も「自動車 EX」等が好調であった。

◆ 17 年 3 月期は通期でも増収増益を見込む
・17/3 期の業績について同社は、期初予想を据え置き、売上高 6,600 百円(前期比 31.2 %増)、営業利益 2,050 百万円(同 27.4%増)と増収 増益を見込んでいる。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)でも、会社予想と同水準とす る通期予想を据え置いた。上期実績や各 KPI (業績指標)の状況等 を踏まえ、会社予想の達成は可能であると判断している。

◆ 中期業績予想
・同社は中期経営計画を推進している。サプライチェーンの垂直統合や ビジネスモデルの多様化、新規事業の展開などにより、21/3 期に売上 高 150 億円、営業利益 50 億円を目指す内容となっている。
・当センターでは、中期業績予想についても据え置き、19/3 期までの成 長率として、売上高が年率24.0%、営業利益が同21.7%と予想している。 事業領域の拡大やシナジー創出による成長余地は十分にあるものと評 価している。

  >>続きはこちら(1.22 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up