アイフィスジャパン(7833)の通期決算は、2016年グループ化の金融DS業績とFD事業での業務効率化が寄与し増収増益で着地

2018/03/12



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2018年2月14日
代表取締役 大沢 和春氏

◎決算概要
・売上49.1億円(前期比7%増)、営業利益6.8億円(16%増)と増収増益、過去最高値を更新
・2016年グループ化の金融データソリューションズ業績とファンドディスクロージャー事業での業務効率化が寄与
・投資情報・ファンドディスクロージャー事業堅調、ドキュメントソリューション事業苦戦
・増収に伴い外注費増加、その他経費の主な増加要因はオフィススペース増床に伴う家賃増、のれん償却額増、W2P新規サービス開発費など

 

◎セグメント別業績推移
・FD・FI増収も、DS・ITSは減収
▽投資情報事業(FI)
・前期比増の主要因は2016年8月株式取得した株式会社金融データソリューションズ業績分の寄与
・既存サービスではConsensusサービスがネット証券向けを中心に業績を牽引
▽ファンドディスクロージャー事業(FD)
・確定拠出年金向けサービスは好調に推移し業績を牽引
・投資信託関連サービスは、前年比同水準
▽ドキュメントソリューション事業(DS)
・金融関連印刷配送サービスは前年比並みも、その他(W2Pクラウド、翻訳サービス)で苦戦
▽ITソリューション事業(ITS)
・受託開発サービスは既存顧客を中心に好調に推移
・その他サービスは受注案件のスケジュール順延により売上期ズレ発生

 

◎事業展開について
・株予報:トレンドシグナル拡充(各銘柄対応)
・ネット証券向けサービス提供拡充
・W2P(Web to Print)新サービス(W2Pショップ、ファブミルマーケット、クリエイターズプログラム)

 

◎2018年度通期業績見込み
・売上52.5億円(7%増)、営業利益7.4億円(8%増)を予想

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up